【フランス】イヴォワールの駐車場が満車の場合の裏ワザは隣町ネルニエに停めて歩く!

前回お話ししたフランス側のレマン湖沿いにある人気の観光地イヴォワール
こちらは春から秋のはじめにかけて本当に毎年大勢の人がやって来ます。特に夏は駐車スペースを探すのに苦労することも。今回はそんな時の裏ワザと隣町ネルニエに関して書いて行きます。

 

Advertisement

イヴォワールの駐車場に停められなかった場合の裏ワザ

イヴォワールにはかなりの駐車スペースがあるので車が停められなくなることは稀かと思います。ただ今回の裏ワザは隣町ネルニエとその道のりも一緒に楽しんじゃおう!的な技です。なので歩くのが好きじゃない人には向きません。またカンカン照りの夏の昼間にはオススメしません。イヴォワールの駐車場は観光時期には全て有料ですが、隣町なら無料。そのちょっとした節約とイヴォワールほど混み合うことはない静かな古い町並みも楽しみたい人には強くオススメします。
 


イヴォワールの西隣、レマン湖沿いにあるネルニエ(Nernier)はイヴォワールよりさらに小さな村。歩いてもあっという間に街歩きが終了しちゃうようなところですが、実はあまり人には教えたくないくらいいいトコです。でもこのブログ読者さんたちにはこっそり教えちゃいます。その前にネルニエからイヴォワールへの行き方、説明しますね。
 

ネルニエの教会をこの方向から見た場合、ここから右手に向かって歩きます。ネルニエの駐車場(未舗装)はここから右手に行ったところにより多くスペースがありますし、イヴォワールまで歩くならより近い方がいいのでそこをオススメします。
 
そのネルニエの駐車場からすぐに交差する道があるので、そこを左折。つまりいつもレマン湖沿いを歩くことを意識すれば迷うことはありません。そしてそこからはひたすらまっすぐ歩くだけ。時間的には15から20分ほどでイヴォワールに到着できます。
 

大きな家が並ぶ住宅地を抜けると、森が右手に見えてきます。そこを右手に行く道がありますがとにかくまっすぐ進んでください。そうすると人の家の入り口のようなところにたどり着きます。上の写真にある注意書きのある看板もありますが、大丈夫、通り抜け出来ます。
 
ここには、「プライベートな敷地だけど通り抜けできるよ。犬連れの人はリードをつけてね。」と書かれています。車ではもちろん通れないけど、歩きか自転車なら通り抜け可能です。
 

このプライベートな敷地はこんな光景が広がってます。なんとゆとりのある場所。ため息がでちゃいます。
 

何軒か家があるところを通り過ぎるとこのような並木道となり、そこを抜けて左に曲がるとイヴォワールに到着!この道のりもなかなか楽しめるのでウォーキングの一環として考えるといいのかと思います。帰りにこの細道に入るポイントを忘れないようにしてくださいね。(車が通る道を歩くのは怖いです、、、)
 

帰りにはネルニエ散策もお忘れなく


ネルニエには観光案内所もないけどものすごく小さな村なので地図も何も必要なし!気の向くままに歩いてください。観光地ではないけど結構絵になる村です。
 

このちょっとした広場がいい感じです。レストランやカフェ、ギャラリーもあり。
 

反対側から見るとこんな感じ。感じのいいレストランです。
 

少し前までは違うレストランだった気がしたけど、2017年8月現在はこちらのイタリアンレストランです。結構いい値段します。ww
 
ネルニエは普段はジュネーブに住む人の別荘があるというパターンが多いらしく、つまりはお金持ちの村。これぐらいのレストラン価格はなんでもない、ということかな?
 

広場から少し歩くともう一つレストランがあります。
 

レマン湖をのぞみながら食事をしたいならこちらのレストランがおすすめ。入ったことはないので味はわかりませんが。
 

レストランかレマン湖をバックに記念撮影したかったのに、、、。写真にもネルニエにも全然興味のない愛犬かなちゃんです。
 

ネルニエにお住いの人は見られることを意識しているのか、写真を撮りたくなる家が多いです。ここもそのひとつ。
 

写真を撮った季節は違いますが、湖畔を歩くとこんなシンプルな風景も見られます。遠くに見えるのは隣町のイヴォワール。撮影したのは秋なので少し霞みがかって見えますが、夏だとまた違った表情かと。
 
フランス語を解する方なら、湖畔にはフランス文学が書かれた石碑も並んでいるので文化的な楽しみもあったりするネルニエです。
 
とにかく小さな村ではありますがイヴォワールの喧騒から移動して来た後ならなんだかホッとする町並みでもあります。とはいえ、ここも夏だと案外人が来るんですよね。それでもイヴォワールほど混み合うことはありませんのでご心配なく。
 

今回の発見(Discovery)!

裏ワザ紹介というよりもお気に入りの村であるネルニエ紹介の感が強い記事になってしまいました。フランス側のレマン湖にいらしたら、イヴォワールだけでなくぜひネルニエでもお散歩してみてください。古いヨーロッパの街並みが好きで人混みは苦手という方なら気にいると思います。
 

フランスのレマン湖畔周遊のご参考に

【フランス】花が溢れた可愛い村イヴォワールは散策が楽しい
【フランス】ミネラルウォーターで有名なエビアンはレマン湖畔の華やかな夏向け観光地
【フランス】2016年夏、太陽が似合う夏の町エビアン(Evian)はドイツで染まる!?
【レストラン】春夏限定オープン!レマン湖沿いの美食レストラン「Le Jolla」
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, フランス, ヨーロッパ
-,