【スイス】ジュネーブは旧市街とバスチョン公園の街歩きがいちばん楽しい

スイス第2の都市であるジュネーブ。(第1の都市はチューリッヒで人口約40万人。)
第2と言ってもジュネーブ市だけだと20万人弱の街。それでも多くの国際機関の本部がジュネーブにあり、また美しいレマン湖のほとりにあるからか、特に夏は世界中から多くの観光客が訪れるのでそこまで小さな街だと感じさせません。
 
また長い歴史があり起源はローマ時代まで遡ります。他のヨーロッパの都市と同じように街は新市街と旧市街に別れ、旧市街はまさにザ・ヨーロッパな街並みが続きます。それほど大きな旧市街ではないのでサーっと歩き回れるのもいいところ。今回はたっぷりの写真でジュネーブ旧市街と隣接するバスチョン公園を紹介します。

 

Advertisement

ジュネーブの旧市街


おそらくこのブールドフール広場(Place du Bourg-de-Four)が旧市街の中心と考えるのがわかりやすいと思います。サン・ピエール大聖堂もこの広場のすぐそば。
 
ジュネーブの旧市街は周囲にある新市街(という呼ばれ方はジュネーブではされないけどわかりやすく表現するために使ってます。)から小高い丘を登る途中からてっぺんにあるサン・ピエール大聖堂やここブールドフール広場一帯となります。多少の坂道にはなるけど歩くのが大変なほどではありません。
 
ブールドフール広場にはカフェやレストラン、お店が並び、大聖堂の尖塔もちらっと見えるので、観光客には人気の写真スポット。ただ工事中のことも多く、、、
 

2017年6月に訪れた時はこんな感じでした。夏の観光時期前の修繕だったのかもしれませんが、ジュネーブ旧市街にかかわらず、ジュネーブではいつもどこかで何かしらの工事が行なわれているのでこういった風景は残念ながら日常茶飯事です。
 


 

旧市街に上がっていく道が何本もありますが、わたしの中での王道はトラムが通るショッピングストリートであるコンフェデラシオン通り(Rue de la Confédération)に交わるシテ通り(Rue de la Cité)を上がる道。目印はカフェ「Cafe Gilles Desplanches」です。
 
この細い上り坂であるシテ通り沿いには上の写真にあるような手芸屋さんがあったり、
 

洋服屋があったり。その他雑貨屋、ギャラリーやレストランなどウィンドウを見るだけで楽しいお店が並んでいるのでこの通りが好きなんです。
 

シテ通りは途中からグラン=リュ(Grand-Rue)と通り名が変わりますが、そんなことは気にせずずんずん歩いて行くと、大砲が並ぶ場所があります。「L'ancien arsenal」と呼ばれる昔の武器庫。壁にはモザイク画が描かれています。興味がある方は一度ストップして眺めてみてください。
 

この横には市庁舎があり、その通りには写真にあるようにスイス国旗とジュネーブの旗が並んでいます。ここを進むと前述のブールドフール広場に到着できます。
 

ブールドフール広場から見下ろした風景。
 

広場のそばにはこのような味のある古書店もあります。このように広場周辺には写真を撮りたいスポットが点在。
 

広場からは何本もの道がありますが、思いのまま歩いてみてください。路地裏の写真好きな人多いかと思いますが、このようないい通りがいくつもあります。あなたならではのジュネーブ旧市街を探してみてください。
 

ただ歩くだけで気持ちいいバスチョン公園


前述した旧武器庫から旗のある通りに行かず、アンリ=ファジー通り(Rue Henri-Fazy)を進み、アーチをくぐると旧市街の丘の端っこに行きます。そこからの眺めが上の写真。見えている山はフランス側にあるサレーブ山。手前に芝生や木が見えますが、そこがバスチョン公園です。
 

丘の上からそのまま道を下り、左手に進むと大きく立派な門があるバスチョン公園(Parc des Bastions)の入り口です。
 
ジュネーブにはたくさん公園があるのでここだけが都会のオアシスというわけではないですが、このように並木道が続くスタイルの公園はここだけな気がします。並木道の途中にはベンチも並び、春から秋にかけては多くの人がベンチに座り休憩したりランチを食べたり、と思い思いの時間を過ごせるスポット。公園脇にはジュネーブ大学があるので学生さんも多し。わたしは朝早い時間のバスチョン公園が一番好きです。人が少なくて静かというのもありますが、朝の日差しを受ける木々の色や芝生を潤すスプリンクラーが作動してる様子も綺麗で清々しい気分になれます。
 

ジュネーブ大学の校舎のちょうど反対側にあるこの4人の銅像。ジュネーブで宗教改革を推し進めた立役者4名の立像です。ここではよく歩きツアーの人がストップしてガイドさんの話を聞いているのを目にします。誰が誰なのか知りたい!という方は英語になりますが〈こちら〉をご参照ください。
 
教科書に出てきそうなこの宗教改革記念碑ですが、実はもっと横に長いんです。
 

パノラマ写真がこちら。曲がって写っちゃってますが、まっすぐ伸びる壁です。これでも全景ではありません。どんだけ長いんだ!バスチョン公園に行ったらチラ見でもいいのでぜひこちらもお見逃しなく。
 


 

今回の発見(Discovery)!

ジュネーブはあれこれ見どころもありますが、ぶっちゃけ一番楽しいのがこういう街歩き。旧市街は路地裏も多くヨーロッパらしい風景が広がっているのでいつ訪れても飽きません。そして何かと物価の高いジュネーブにおいて街歩きならフリー。大聖堂とペアでぜひジュネーブの旧市街散策も楽しんでください。
 

ジュネーブならこちらもどうぞ

【スイス】ジュネーブに来たら見逃せないサン・ピエール大聖堂
【スイス】テニスジュネーブオープンに緊急参戦した錦織くんを応援してきました
【スイス】一目惚れした「カルージュ」は季節ごとに違う表情が見られる素敵な町
【ジュネーブカフェ】ホッとしたい時に行きたい「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, スイス, ヨーロッパ
-,