【福島】見どころの少ない4月中旬の裏磐梯で楽しめるスポットは喜多方にあった!

2017/07/22

2017年4月の日本旅。
東京での夫(写真家)写真展が終了した後は一路福島へ向けて東北新幹線に飛び乗りました。共に初の福島への旅は果たしてどうだったか。綴っていきます。

Advertisement

福島県はすごく大きな県


(気象庁の福島地方気象台サイトからおかりしました。)
 
車で福島県内(主に西部の会津地方)をまわっていて感じたのは「福島ってでかいよね!?」ということ。調べて見たら、福島県の面積は13783㎢。これだけ聞いてもピンと来ませんが、県庁のサイトによると、北海道、岩手県に続いて3番目の広さとのこと。
 
テレビで天気予報を見ると、福島県は3つの地域に分けられているのが分かります。沿岸部から、浜通り・中通り・会津。地域名が「〇〇通り」というのはユニークな気がしました。今回の旅では東京から新幹線で到着したのが郡山。そこだけ「中通り」で滞在&周遊したのは会津地方でした。
 

4月上旬の会津地方はまだ冬でした

会津地方で拠点にしたのは裏磐梯と呼ばれる地域。住所でいうと「北塩原村」でした。この辺りは湖水地方と呼んでもいいんじゃないか?と思えるぐらい湖沼の多いところで湖写真家の異名を持つ(?)夫(写真家)たっての希望で、ここに宿泊することに。裏磐梯にはホテルもですが、日本でいう「ペンション」形態の宿泊施設がごまんとあります。その宿泊記はまた別記事にてお話しします。
 
さて、期待して到着した裏磐梯。ペンション最寄りには「五色沼」と呼ばれる美しい沼が点在するスポットがありました。
 

五色沼の中のひとつ、毘沙門沼です。湖畔にはまだ雪が残っていました。貸しボートも開店休業状態?
 

ここは確か、秋元湖だったはず。雪深く寒い裏磐梯にある湖は冬は凍結しちゃうんですね。雪が残っているのは計算済みでしたが、凍結しちゃうとは調査不足でした、、、。
 
 
裏磐梯観光協会http://www.urabandai-inf.com
 


 
というわけでどの湖もこんな感じで撮影には不向きでした。それならば!とこの辺りで一番有名な湖である猪苗代湖にも何度か足を運びました。最初の写真が猪苗代湖からのぞむ磐梯山の様子です。
 
最初の日だけ晴れ間があっただけでそれ以外は曇り・雨・小雪といった感じのお天気。その天気には問題はなかったのですが、4月だと猪苗代湖畔はあちこち閉鎖されている箇所があり、一周できなかったのが残念すぎました。こういう情報が訪れる前にわかるといいのですが、どこを調べたらいいんでしょうか?ご存知の方いらっしゃったら教えてください!
 
裏磐梯・猪苗代湖とわたしたちには不満足だったので、もう少し足を伸ばしてみました。
 

終わりかけの雪景色ですが名古屋出身のわたしから見ればまだ十分冬の装い。これで4月半ばとは雪深い会津地方です。ここはどこかというと、、、
 

達沢不動滝(たつざわふどうたき)です。ここは紅葉時期が人気のようですが、個人的には写真を見る限り、初夏の新緑時期が一番美しく見える気がします。
 
でもこの時期はたどり着くだけでも大変だし、ここは滝の周りにある木々に葉っぱがある方がより美しく見えるはず。なので冬の時期はお勧めしません。
 
 
猪苗代観光協会http://www.bandaisan.or.jp
 

 

鶴ヶ城は桜がないと寂しい

自然というのは季節や天候に左右されることが多い。でも名所・旧跡というのは案外いつ行っても楽しめるもの。
 
裏磐梯から会津若松市までもそう遠くはないので桜の名所でもある鶴ヶ城に行ってみました。
 

訪れた日は冷たい雨が降っていました。そして桜は全く咲いておらず、蕾も硬い。代わりに、
 

白梅が咲いていました。2016年は訪れた時期に桜がほぼ満開だったようですが、2017年は東京でも桜の満開は4月7日ごろ、と遅かったぐらいなので、会津地方ではさらに桜の時期は遅れます。
 

専用駐車場に近い入り口には、さくらまつりを謳う大きな看板がありましたが寂しく見えました。鶴ヶ城自体は立派な造りで素晴らしいですが、やはり桜がないと寂しいな、というのが率直な感想です。
 
 
会津若松観光協会http://www.tsurugajo.com/index.html
 


 

喜多方市はラーメンだけの街じゃない

ここまでどうにも満足いくスポットが見つけられなかった裏磐梯の旅。訪れた時期が悪かったのが一番ですが、いつもベストな時期に行けるわけでもない。でもせっかく福島までやって来たからにはお気に入りまでいかなくとも、来てよかった!と思えるところに行きたい。というわけで選んだのは、北塩原村のお隣にあるラーメンで有名な喜多方市でした。
 
喜多方観光協会のサイトにある「喜多方観光ぶらりんマップ(pdf)」を見てみると、結構良さそうな神社仏閣があるじゃない!と発見したのが喜多方を訪れるきっかけでした。
 
喜多方はラーメンの街として有名ですが、「蔵の町」としても有名なようです。蔵めぐりのツアーもあるようで、外国人観光客が歩いている姿も目にしました。時間的に蔵めぐりには難しかったので、町の中心にある「願成寺(がんじょうじ)」にだけ行ってみました。これが大正解でした!
 

浄土宗寺院である願成寺。入り口の山門周辺は時期的に寂しい様子でしたが、ここでの見どころは会津大仏と呼ばれる阿弥陀如来像です。
 

本堂の裏手にある阿弥陀堂内に鎮座している木造の阿弥陀如来像(真ん中)と両脇に構える両脇侍坐像。ガラス越しに外からしか拝めませんが、かなりの迫力です。
 

阿弥陀如来像の拡大。背後に無数に並ぶ阿弥陀如来像のちっちゃいバージョンが印象的でした。
 
 
願成寺
喜多方市上三宮町上三宮字籬山833
Tel: 0241-22-1565
拝観時間:不明
拝観料:無料
https://aizudaibutsu.com


 
喜多方ではしゃれたカフェにも入りました。
 

卵にこだわったデザートが売りのようですが、人気メニューはパンケーキみたいです(写真右下)。でもこちらでいただいたのは、
 

コーヒー(酸味が強すぎてイマイチ)とシュークリーム。卵にこだわりがあるならカスタードクリームでしょ、というわけで。シューがサクサクでカスタードクリームも濃厚で美味しかったです。ここでwifiが使え、上記の願成寺のことも調べられました。お隣にはラーメン屋もあるので、ラーメン後のデザートにでもいかがでしょうか?市役所のすぐ横でわかりやすいロケーションに加え、車も停めやすいです。
 
 
コッコツリー(Cocco Tree)
喜多方市御清水3
Tel: 0241-21-1417
営業時間:10:00-17:30(火曜休)
Facebookページ:https://www.facebook.com/Coccotree0418/

 

今回の発見(Discovery)!

2017年4月の旅では長野に引き続き、福島の裏磐梯でも訪れる時期の考慮が足りず、あまり楽しい経験とはなりませんでした。最後に喜多方でいいお寺に参拝できたのが救いでした。裏磐梯はスキーじゃなかったら、5月以降が訪れるにはいい時期だ、と学びました。
 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, 日本, 日本, 東北
-,