【スイス】ジュネーブに来たら見逃せないサン・ピエール大聖堂

ジュネーブにほど近い、フランス領のレマン湖沿いに暮らすようになって5年以上。
身近な街であるジュネーブは初めこそ物珍しくて行くたびに写真を撮りまくってあちこち発見の日々でしたが、小さな街(人口約20万人弱)なのでひととおり見回ると急激に興味が薄れ、、、。
 
それでも気候が良くなる5月から9月にかけては世界中から観光客がやってくる観光都市でもあります。その初夏から初秋にかけては天気がいいと歩いているだけでいい街だな、と感じます。距離が近すぎて、そして新たな発見ができなくて、当ブログではほとんど取り上げてこなかったジュネーブですが、気を取り直して、これからは時折ジュネーブの見どころをお話していこうと思います。まず最初はお気に入りのサン・ピエール大聖堂から。

Advertisement

旧市街の中心に位置する大聖堂


TripAdvisor (トリップアドバイザー)のジュネーブでの人気観光スポットではそれほど順位が高くはないけど、個人的にはここが1位じゃない?と思えるサン・ピエール大聖堂。場所は旧市街の真ん中。旧市街自体が小高い丘のようなところにあるので、この大聖堂は結構離れたところからもよく見えます。
 

どこが大聖堂の正面なのかはわかりませんが、上の写真が大聖堂内への入口があるサイド。その上の写真は入口がある側から見て右手の様子です。
 
12世紀に建てられたサン・ピエール大聖堂は、様々な様式が混在するスタイルの建築物。16世紀にプロテスタント教会となり、ジュネーブの歴史上重要な人物であるジャン・カルヴァンが拠点とした教会でもあります。
 
ヨーロッパの他の大都市にあるような大聖堂と比べると見劣りするのは否めませんが、大きすぎず小さすぎない程よいサイズで見学しやすいのがサン・ピエール大聖堂のいいところです。
 

サン・ピエール大聖堂の内部


中に入る前に一度上を見てみてください。ここだけなぜかブルーが使われていて、大聖堂らしくない爽やかな清涼感を感じます。
 

重いドアをくぐると見えてくる風景はこんな感じ。夏はひんやりしていて静かで一息いれるのにもちょうどいい涼みスポットでもあります。
 

後ろを振り返ると立派なパイプオルガンが目に入ります。写真を撮った日は快晴の昼間。というわけで大聖堂内部もかなり明るく、あまり重厚な雰囲気がないように見えますが、秋から冬にかけての暗い天気の悪い時期だと中もやはり暗く、ずっしりした大聖堂に見えます。
 

こちらは入って右にあるチャペル。ここにもパイプオルガンがあり、ステンドグラスの装飾も美しい。小さな空間ですが大聖堂内では一番落ち着ける場所です。ここまで紹介した箇所は全て無料で見学できます。
 

ジュネーブを一望できるタワー


サン・ピエール大聖堂に来たら、ジュネーブを一望できる場所があります。大聖堂内の左手奥からチケットを購入して(5スイスフラン)、157段の石段を登って塔の上まで行くとレマン湖を含めたジュネーブの街並みが一望できます。
 
その塔は一番最初の写真と上の写真では上の部分が茶色の部分になります。
 

その風景がこれ!
 
ではありません。ww
 
実はわたし、この塔に登ったことがまだなくて。これはちょうどこの塔の下の部分、大聖堂の北西の位置にあるちょっとした広場のあたりからの風景。塔に登ればジュネーブの象徴である大噴水の全体像も見られるし、もっとすごいパノラマが広がります。一度ホントに登らなきゃ!
 
また考古学に興味がある人は地下の遺跡もぜひ見てみてください。下のリンク参照(入場料:8スイスフラン)。
 
http://www.site-archeologique.ch/contenu.php?id-node=2
 
サン・ピエール大聖堂(Cathédrale Saint-Pierre )
Cour Saint-Pierre - 1204 Genève
開館時間:
10月1日-5月31日
月-土:10:00-17:30
日:12:00-17:30(塔は17:00まで)
 
6月1日-9月30日
月-土:9:30-18:30
日:12:00-18:30(塔は18:00まで)
 
入場料:無料(塔は5スイスフラン)


 

今回の発見(Discovery)!

かれこれ何度も訪れているジュネーブのサン・ピエール大聖堂。塔に登る以外は無料で中に入ることができるからか気軽に行けて、しかも夏の暑い時には涼むのに最適という絶好の休憩スポットでもあります。ジュネーブの街歩きをしていて疲れた時についつい入ってしまうわたしですが、観光で訪れたのならここは外せません。ぜひ塔の上まで登ってジュネーブのパノラマを堪能してみてください。
 

ジュネーブ情報ならこちらもどうぞ

【スイス】一目惚れした「カルージュ」は季節ごとに違う表情が見られる素敵な町
【スイス】テニスジュネーブオープンに緊急参戦した錦織くんを応援してきました
【スイス】歴史あるレマン湖畔の落ち着いた街並みが美しいニヨン(Nyon)
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, スイス, ヨーロッパ
-,