【スイス】テニスジュネーブオープンに緊急参戦した錦織くんを応援してきました

テニスはプレーしないけど、観戦するのが大好きなhisayoです。
プロのテニスの試合というのはほぼ毎週世界のどこかで行なわれていて、その大多数を日々チェックするのが日課のようなわたし。そんな中、日本のスターである錦織くんが2017年5月21日から27日にかけて開催されるスイスのジュネーブオープンに緊急参戦するという電撃ニュースが飛び込んできました!
 
次の週からグランドスラムである全仏オープンが始まるという場合、錦織くんなどのトッププレイヤーは通常調整に当てる週なので、彼がジュネーブに来るなんてきっとこれが最初で最後だわ!と居ても立っても居られなくて大会3日目の23日(火)に会場まで突撃してきました。

Advertisement

ジュネーブオープンが開催されているところはどこ?


ジュネーブオープンは2015年から再開されたATP250ツアーというトーナメントとしては小さい規模のもの。ただ地元(スイス・フランス語圏)のスターであるスタン・バブリンカ(上の写真にある入口の写真の選手)はグランドスラム直前でも再開後は強制的(?)に参加しています。
 

トーナメントが開催されているところはジュネーブのレマン湖沿いにあるグランジュ公園の裏側。最初の写真が湖畔からの入り口で、上の写真が公園内にあるホテル&レストラン。この建物のすぐ裏がトーナメント会場になります。
 
大会サイトに会場の様子がわかる写真が載っているので、こちらの写真をご参照ください。小さいけど華やかな感じが伝わるかと思います。
 
またこのグランジュ公園自体もローズガーデンがあったり、季節の花々が美しい公園でゆっくり散策するのにもってこいの場所です。
 

チケットなしでは何も見られない!


ホテル&レストランの裏に到着するとすぐにチケットブースがあります。この日は錦織くんのプレーも予定されていたけど、まずは練習だけでも見たいな、ということでここは一旦スルー。
 
まず目に入るのは上の写真にある入口。ここはTシャツやグッズ、企業ブースやカフェなどがあるスペースでチケットがなくても誰でも入ることができます。
 

シングルス&ダブルスのドロー表もここにありました。錦織くんはこの時第2シードだったので一番下に名前があります。興奮してきたぞー!
 

Tシャツ売ってたお店にこんなポスターも貼ってました。ラケットメーカーのウィルソンのもの。
 
しばしここのフリースペースを見学した後、会場のメインゲートを見るとチケットをチェックする人が。メイン以外のところもチケットがないとダメと言われ、、、。インフォのお姉さんに仕組みを聞くと、
 
「チケットを買えば、それは1日券になるのでセンターコートを含め、他の試合や選手の練習風景も見られるわよ。」
 
とのこと。結局、チケット買わないと何にも見られないのか、、、。
 
しばし悩んだ後、「こんな機会は2度とないだろうから、えーい思い切ってチケット買っちゃえ!」と思い、一番安いチケットを購入。ww
 
チケットはカテゴリー1、2、3と3種類に分かれています。センターコートでの席の違いでカテゴリー1が一番コートに近い位置。他のコートは席は全く決まってないのでご自由に、というゆるい感じのものでした。
 

錦織くんの練習も見れた


ジュネーブオープンのセンターコートの様子。ここは赤土のクレーコートです。
 
 
メインゲートを入るとすぐそこにはセンターコートにつながる階段があったんですが、錦織くんの練習風景が見たいわたしは周辺コートを散策。するととあるコートの周りに人だかりが。そこではダブルスの試合が行なわれていました。驚くぐらい目の前にプロの選手が見える!その中の1人だけ知っている選手がいたのでしばし観戦。ダブルスの試合って滅多に見ることがないけど、実際見ていると結構面白い。試合も終盤に差し掛かっていたので、結局最後まで見ました。
 
試合後には選手が私のすぐ横を通っていく、という選手との距離の近さ!これがジュネーブオープンの良さだと感じました。
 
子供の頃から見て大好きなテニスですが、プロのトーナメントを見るのはこれが2度目。最初は10年以上も前のジャパンオープン(@有明)でした。東京でのトーナメントと比べてジュネーブは小さい規模のトーナメントであることもあってのんびりした雰囲気。選手との距離も近い。驚くのがセキュリティチェックが全くないこと!カバンの中身もチェックされずチケット確認のみ。いいのかな?と思うくらいのゆるさです。
 
さて、ダブルスの試合観戦を終えて、錦織くんはどこだ?とウロウロしてたらユニクロのウエアらしきものを着て練習してる選手が!猛ダッシュでそのコートに近づくと、いたよ錦織くん!!
 

背後にはコーチのマイケル・チャンもいるし!えっと、、、数メートルの距離にいるよね?錦織くん。初めてお目にかかる錦織くんがマジで目の前。凄すぎるよジュネーブオープン!
 

写真がぼやっとして見えるのはフェンスがあったから。多少ズームしたけど近くにいるのを感じていただけるでしょうか?
 

練習終了後はこんな感じでホントの目の前状態でした。何か声かけたいな、という衝動にかられたけど試合前で集中してるところかな?って思って何も言えず。そしてコートを離れて選手専用のラウンジに戻る間、錦織くんの後を追いかけちゃいました。男の子たちがセルフィー(自撮り)して!とスマホを出して錦織くんと一緒に撮ったりしてたけど、わたしはそれに加わる勇気がなく、、、。
 
ただ選手用の建物に入る直前に現在の彼女と話し込んでる様子を思わずパパラッチのように激写しちゃいました。ww
(写真ご希望の方、お安くしておきます ww)
 

ジュネーブオープンのセンターコートでの試合


センターコートの掲示板。試合が始まって少ししたら、この掲示板、壊れたみたいで何も映らなくなっちゃった。ww
 
 
カテゴリー3のチケットだったので、ほぼ一番上というコートから最も離れた席だったけど、客席自体それほどないので遠いな、という感じはしませんでした。今までテレビやネットでしか見たことのなかった錦織くんのプレーが目の前で見られるというだけで感動。
 

パワフルなプレーヤーではないけど、やっぱりプロのサーブは威力あるし、プレースメントが正確。
 

サーブを受ける際の姿勢。この写真では普通だけど、もっと低く構えている時もあって、テニスって体力消耗するスポーツだよな、と感じたり。
 
日本でも報道されているようですが、第1セットの途中、ピンチの際に酔っ払ってる様子の観客2名が「アレー、ニーシー!」(アレーはゴーの意味)と何度も叫んで鬱陶しかったことがありました。すぐさまその2人はつまみ出されましたが。すごいのはそんな集中力が切れそうな場面でも錦織くんはポイントを取っちゃったこと。試合は6-4、6-3で錦織くんの勝ち。ただスコアほど簡単な試合ではなかったように感じました。
 

試合後、相手選手(カザフスタンのククシュキン)と握手をし終えた後。
 

試合終了後にコートから離れるところ。
 
先ほど座った席はコートから一番離れたところ、と書きましたが、写真、結構近くに見えませんか?これは少し前に購入した別記事で紹介したカメラのおかげ!
 
【写真】レンズ交換する手間がなく簡単にボケ写真まで撮れる優れモノのカメラ!
 

座ってた席からはそんなに近くない位置に座ってた錦織くんのコーチ陣もズームでこんな風に撮れました。(一番右がマイケル・チャン)
 
ちなみにゴシップ的な話題として、錦織くんの現在の彼女はコーチのそばではなく、わたしたちから見て真正面のVIP席にひとり寂しく観戦してました。
 

今回の発見(Discovery)!

小さなトーナメントだし、トップ選手もあまり参加しないし、ということで2015年に再開したジュネーブオープンはこれまであまり注目してきませんでした。今回も錦織くんが参戦しなかったら行かなかったはず。でも行ってみて錦織くんが見れたことももちろん良かったし、このトーナメント自体の雰囲気が華やかでゆったりしたことも手伝って会場にいるだけで楽しい気分になれました。またこの大会期間を通して晴れ続きというのもプラスに作用しているはず。
 
実は本日(5月25日)も観戦しようと会場に行ったんですが、一番高いカテゴリー1のチケットしか残っていなくて断念。錦織くん&バブリンカが勝つことを願って、明日5月26日(金)のチケットを事前購入して会場を後にしました。
 
家で錦織くんの試合の経過をチェックしてたら、もう心臓に悪いドキドキの試合運び。危うく明日は錦織くんを見ることができなくなりそうな試合展開でしたが、2-6、6-4、7-6(6)でかろうじて勝利。明日も見れるぞー!楽しみ!!
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, スイス, ヨーロッパ
-, ,