【四国遍路】安らぎの境地に達するお遍路さん最終県香川編

 
2013年6月に行なったお遍路さん。いよいよ最終県である香川編です。
これまで徳島、高知、愛媛と順番に周ってきました。涅槃の道場と呼ばれる香川県ではどうだったのか?

 

Advertisement

香川県(讃岐)は涅槃の道場


おなじみとなりました四国八十八ヶ所霊場会公式サイトにあるお遍路マップ。
 
香川県(讃岐)は四国4県の中で面積が一番小さく、寺院同士も比較的近い距離にあるので(標高差は別として)全部で23箇所ありますが周りやすいと感じました。高松の中心部に3泊したので、お参りした順番がバラバラで時間切れでたどり着けなかった寺院もいくつかありましたが、高知愛媛とは違い穏やかな気持ちでお遍路さんができた気がします。
 
香川県(讃岐国)の霊場は「涅槃(ねはん)の道場」と呼ばれています。涅槃の意味は「あらゆる煩悩が消滅し、苦しみを離れた安らぎの境地。またお釈迦様の死をいう。」(Weblio辞書より)
 
つまり、88箇所をお参りしたら解脱の境地に達し、結願(けちがん=この場合は遍路が終了)となるのです。88箇所全てをお参りできたわけではないけど、徳島からスタートしたお遍路さんを香川まで続けた結果は、、、涅槃とまではいかないものの、自分の中の何かが変化した感覚を覚えました。精神的な問題解決にも繋がると言われているお遍路さん。札所の順番で見ていきましょう。
 

香川県内の23箇所参り

香川県内の寺院23箇所中、お参りできたのは18箇所でした。
 

66. 雲辺寺(うんぺんじ)


納経所の終了時間5分前にギリギリ到着できた雲辺寺。88箇所の中での最高峰の標高911mにあり、住所でいうと徳島県に位置する雲辺寺ですが、香川の最初の寺となってます。
 
ロープウェイでしか行くことができないのかと思っていたら車でも寺院まで行けました。山の上にある寺院は駐車料金としてではなく、参道補修料としてどこでも大体300円徴収されます。雲辺寺ではそのお返しとしてお箸を一膳いただきました。
 
境内には五百羅漢像がずらーっと並んでます。五百羅漢とは仏陀に常に付き添った500人の弟子のこと。表情が豊かな羅漢さんたちなので見ているだけで楽しくなります。
 
ちなみにトップの写真も雲辺寺から。本尊の千手観世音菩薩像です。(本物の本尊は本堂の中にあるはず。時間切れで見ることができませんでした。)
 

雲辺寺のすぐ横にはスキー場があるぐらいなので冬は寒いはず。でも6月に訪れると涼しくて見晴らしもよく気持ちよかったです。
 
67. 大興寺(だいこうじ)、68. 神恵院(じんねいん)、69. 観音寺(かんのんじ)、70. 本山寺(もとやまじ)は拝観せず。
 

71. 弥谷寺(いやたにじ)


こちらに到着した時は既に17寺を過ぎていて御朱印はもらえませんでした。でも時間を過ぎていても境内を回ることができる寺院がほとんどな四国遍路。小雨が降り、山の上にある寺院でもあるため霧が立ち込めていました。写真は弥谷寺の多宝塔。靄っていたおかげで幻想的な雰囲気に包まれていました。
 
72. 曼荼羅寺(まんだらじ)にはお参りし、御朱印もいただきましたが、写真がなく特に記憶に残るエピソードもないので省略。
 

73. 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)


写真は看板だけですが、「奥の院禅定」という建物が霧の中から少し顔を覗かせていたのが印象的でした。境内から奥の院までは徒歩50分ほどかかるそう。弘法大師に思いを馳せたい人にはおすすめです。
 
74. 甲山寺(こうやまじ)にはお参りし、御朱印もいただきましたが、写真がなく特に記憶に残るエピソードもないので省略。
 

75. 善通寺(ぜんつうじ)


真言宗善通寺派の総本山である善通寺。総本山というだけあって境内も大きく、五重塔や様々なお堂が立ち並ぶ立派な寺院です。拝観料はかかりませんが、駐車料金(普通車200円)は徴収されます。
 

善通寺は市の名前でもあり、弘法大師の生誕地。ここを訪れた時はたくさんのお遍路さんに加え、普通の参拝客の人も大勢いました。88箇所の中でも一番威厳を感じる寺院でした。
 

76. 金倉寺(こんぞうじ・天台寺門宗)


こちらを訪れた日は土砂降りの雨の日でした。なので一番印象に残っているのは写真にある金属の輪がつらなったものが雨を伝わせるのに適しているものなんだというのがよくわかったことでした。
 

77. 道隆寺(どうりゅうじ)


道隆寺に着いた時が土砂降りのピーク。傘でも間に合わないくらいでしばらく雨宿りをしていました。その時私の隣で同じように雨宿りしていたおじさんがこんなことを教えてくれました。
 
「今日は弘法大師さんの誕生日で青葉祭があちこちで開かれてると思うよ。」と。
 
弘法大師の正確な誕生日はわかっていないようですが、真言宗の伝承では6月15日を誕生日としているようです。会う人会う人、いろんなことを教えてくれます。
 

78. 郷照寺(ごうしょうじ・時宗)


池の周りに作られた庭園が印象的だった郷照寺。雨風強くなかったからもう少し楽しめたな、と少し消化不良でした。
 
79. 天皇寺(てんのうじ)、80. 国分寺(こくぶんじ)はどちらも拝観&御朱印もいただきましたが、写真なし&記憶なしです。
 

81. 白峯寺(しろみねじ)


白峯寺を訪れた日は朝から快晴&激暑!白峯寺は高台にあり、途中瀬戸内の風景を楽しみながら行くことができます。この日は中学生ぐらいの生徒さんたちがたくさんいて、社会学習だったのかな?先生らしき人がお遍路さんの説明をしていたので、私も一緒に座って聞きたかったぐらい!
 
82. 根香寺(ねごろじ・天台宗)は拝観し、御朱印もいただきました。写真はないけど、山門から続く長い石段が印象的な寺院でした。
 
83. 一宮寺(いちのみやじ)も拝観&御朱印いただきました。街中の寺院だったのであまり印象に残らなかったという覚えがあります。
 

84. 屋島寺(やしまじ)


写真は屋島寺ではなく、寺院に向かうドライブウェイの途中に広がる瀬戸内の眺めです。車で行く場合はドライブウェイ(通行料:普通車610円)を通らないと行けない仕組みになってます。
 
日本史好きな人にはここは魅力的なところ。源平の合戦がこのあたりであったとのこと。そんなことを感じさせない平和な風景が広がっていました。
 

85. 八栗寺(やくりじ)


屋島寺と同じく、こちらも写真は寺院ではありません。八栗寺がある辺りの風景です。写真は前述のドライブウェイから撮ったもの。
 

こちらの案内看板を見てお判りでしょうが、屋島寺と八栗寺は壇ノ浦を挟んで向かい合わせに建っています。ただ八栗寺の駐車場に着いた時は既にお寺に向かうケーブルカーの営業時間は終了後。わたしは歩いてまで行きたくないな〜、と言ったら、夫(写真家)は独りで嬉々として登って行きました。いい写真も撮れたようでよかったです。ww
 

86. 志度寺(しどじ)


なかなか大きな寺院で庭園もあるようですが、訪れた日は庭園前にある建物内で何かのワークショップが開かれていてその庭園は見れませんでした。写真は納経所に行く前に見かけた生け花。品のある素敵なアレンジです。
 
87. 長尾寺(ながおじ・天台宗)は拝観&御朱印もいただきました。街中にあり、フラットな寺院だったという印象だけはあります。
 

88. 大窪寺(おおくぼじ)


88箇所結願寺院である大窪寺。最終地の名にふさわしく、立派な仁王門が出迎えてくれます。駐車場もものすごくでかい。
 
88番からお遍路をスタートする「逆打ち」の人もいますが、1番から周った「順打ち」の人にとっては最終地であり、「結願証明書」(有料)の発行をお願いしている人を何人か見かけました。この証明書をもらえたら感無量でしょうね〜。わたしたちはまだまだいただけません。
 

今回の発見(Discovery)!

長かったようであっという間だったお遍路さん。今回10日間あまりで60寺院周りました。たまに変わったお遍路さんに会ったこともあるけど、誰もが気持ちよく挨拶をしてくれ、時にはお線香を持ち合わせてない不届きもののわたしたちにお線香を分けてくれたり、「暑いでしょう~。」と納経所の人がゼリーをくれたり(接待と呼ばれるお遍路さんに対する施し)、親切な人にたくさん会いました。
 
四国の道全てではないけど、歩道がドライバーからも見やすいように太い緑色の線が引かれていて、四国全体でお遍路さんを応援しているのを感じました。
 
歩き遍路さんたちに比べたら大したことではないし、全てを周っていないので達成感はないですが、四国を旅した後は訪れる前と何かが変わっていました。何か変わりたいと感じている方、四国遍路してみてください。一気に周る必要はありません。ルールはないので自分のペースで周ればいいんです。
 

四国遍路ならこちらもどうぞ

【四国遍路】心が入れ替わる体験!おすすめのお遍路さん徳島編
【四国遍路】修行の色合いが濃くなるお遍路さん高知編
【四国遍路】わたしの中の四国88箇所ベスト寺院「竹林寺」
【四国遍路】煩悩を断ち切り悟りを開けるか?お遍路さん愛媛編
 
四国八十八ケ所霊場会公式サイトhttp://www.88shikokuhenro.jp/index.html
OHENRO(写真集):https://www.olivierrobert.net/ohenro-a-shikoku-pilgrimage
 

 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 四国, 日本
-,