【広島】サイクリングロードとして人気のしまなみ海道から瀬戸内を楽しむ旅

 
本州と四国の間にある瀬戸内海を渡るには船という手段もありますが、車で移動するなら橋を渡るのが楽です。
2017年現在、本州ー四国間を結ぶ橋は3つ。明石海峡大橋(神戸ー淡路島ー鳴門)、瀬戸大橋(倉敷ー坂出)、西瀬戸自動車道(尾道ー今治)となっています。今回はその中のひとつである西瀬戸自動車道、通称「しまなみ海道」を通りながら楽しむ瀬戸内を紹介します。

 

しまなみ海道とは


今治からスタートすると一番最初に渡る来島(くるしま)海峡大橋。
 

しまなみ海道の全体図です(瀬戸内しまなみ海道進行協議会のサイトのスクリーンショット)。ご覧のとおり、今治から尾道に行く間に、大島ー伯方島(はかたじま)ー大三島(おおみしま)ー生口島(いくちじま)ー因島(いんのしま)ー向島(むかいしま)の6つの島を通ります。
 
正確にいうと、大島の前に馬島(うましま)も通りますが、車だと馬島インターチェンジを利用できるのは島民と緊急車両の許可を得た車のみなので、ここでは割愛します。
 
大三島までが愛媛県今治市、生口島からは広島県尾道市となります。
 
しまなみ海道がユニークなのは、日本初の海峡を横断できるサイクリングロードが備わっていること。全長約70kmあるしまなみ海道を車で走っていた時にも本格的なサイクリングバイクからママチャリまで何度もサイクリストを見かけました。海の上を走れるって気持ちいいはず。
 
旅行者がここまで自転車を持っていかなくても、あちこちにレンタサイクルできるスポットがあるのでリンクから確認してみてください。
 
観光マップやスポットなど、しまなみ海道の情報ならしまなみ海道観光マップ「SHIMAP」が参考になります。
 
SHIMAPhttp://www.go-shimanami.jp
しまなみ海道料金表pdf>
 

因島に見どころ多数あり

しまなみ海道を紹介するなら愛媛と広島の両方のスポットをお話しすべきなんでしょうが、個人的に楽しめたのは因島オンリーでした。時間がもっとあれば各島の魅力を発見することができたんでしょうが、いかんせん時間のない旅人。
 
そんな時間があまり取れない旅行者がしまなみ海道で止まるスポットは因島に集中しています。
 

石仏が好きな人、もしくは高いところから瀬戸内を眺めたい人にもってこいなのが、標高227mの白滝山(しらたきさん)。五百羅漢と言われる石仏が所狭しと並んでいます。実際には700体もの石仏があるとのこと。
 

この頃は現在ほど石仏に興味がなく、写真が適当な感じですが、圧倒される数の石仏が並んでいます。
 

白滝山からの眺めはこんな感じ。穏やかな瀬戸内の景色が楽しめます。小さな島々の向こうに見えているのは本州・広島県。
 
写真だけ見てると静かで穏やかな様子ですが、訪れた日は朝早くから暑く、頂上にたどり着いた時には汗だく。駐車場から頂上までは歩くしかないので、夏は覚悟して登った方がいいですよ。
 


 

もうひとつは「地蔵鼻」と呼ばれる地蔵尊が彫られた岩のあるスポット。と言いながら写真はその岩じゃなく付近の風景ですが。ww
というのも潮の加減で岩が見える時と見えない時がある(潮がひくと見える)ので見えなかったんです。
 
この岩に彫られた地蔵尊には悲しい話があります。関所破りをしようとした娘が美しく、城主が側室にしようとしたものの娘がそれに応えず殺されてしまったのです。その娘の霊を慰めるために渚にあった岩に地蔵尊を彫って供養したというお話。それが転じて今では「女性の願いを叶えてくれる鼻のお地蔵さん」として親しまれています。
 

こちらは地蔵鼻に降りていく手前から見た瀬戸内の風景。夕暮れ時の瀬戸内は本当に静かで気持ちが落ち着く風景が広がります。
 

 

尾道で泊まるなら尾道観光ホテル

尾道は寺社仏閣も多く、また映画の町、坂の町としても知られ、見どころの多い町。ここに宿泊するだけで四国へとんぼ返りしたのは本当にもったいないことをしてしまいました。
 
そんな中、寝ただけになってしまったホテルでしたが、ホテル内のレストランで食べた尾道ならではの食事は本当に美味しかったんです!
 

それは「穴子ひつまぶし」。
「尾道おひつ」とも言うようですが、名古屋名物であるうなぎのひつまぶしをただ穴子に変えただけではない工夫があるとのこと。名古屋のひつまぶしと全く違うのは、2杯目にとろろをかけるところ。意外といけました。ホテル内にあるレストラン「四季亭」でいただけます。
 

 

今回の発見(Discovery)!

四国に行くなら瀬戸内の島々も目にしたい、と欲張りな計画を立ててしまったために四国でもしまなみ海道&尾道でも時間が足りないということとなってしまいました。しまなみ海道はここだけを目的にできる旅先。時間がないなら、旅先は絞った方が「時間がないー!」と悲しい思いをすることが少なくなるな、と学んだのでした。
 

広島や瀬戸内の旅ならこちらもどうぞ

【広島】神秘的な宮島は厳島神社だけじゃない!弥山にも登ろう!
【広島】市内で行くべきスポット:負の世界遺産「原爆ドーム」と駅近庭園「縮景園」
【兵庫】神戸と淡路島で食べられる美味しいもの
【四国遍路】煩悩を断ち切り悟りを開けるか?お遍路さん愛媛編
【愛媛】温泉街の雰囲気がいい道後温泉と地の果て好きのあなたにお勧めな佐田岬
 

 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 中国, 日本
-