【愛媛】温泉街の雰囲気がいい道後温泉と地の果て好きのあなたにお勧めな佐田岬

 
2013年6月に旅した四国では思いがけずお遍路さんに注力しましたが、いわゆる普通の旅もしました。
特に愛媛県では寄り道がかなりありました。そんな愛媛県での寄り道旅のお話と愛媛グルメが今回のトピックです。

 

地の果て好きなら佐多岬へ

愛媛と聞いて思い浮かぶスポットといえば、道後温泉(後述します)、松山城、宇和島城、宇和島城などの城。自然でいえば石鎚山(いしづちさん)。名物ならみかん、今治タオル。こんなところでしょうか?
 
もしあなたが地の果てに行くのが好きなら「佐多岬(さだみさき)」をお勧めします!
 

四国の最西端に位置する佐田岬半島の先にある佐田岬。写真に小さく見えるのが佐田岬灯台です。
佐田岬半島は日本一細長い半島と言われ、その長さ約50km。先端にある佐田岬からは九州の大分県が見えます。こういう端っこに行くのが好きな人にはたまらないスポットかと。
 
佐田岬の駐車場から遊歩道を歩いて灯台まで行くこともできますが、かなり時間がかかりそう。(20分から30分)時間がない場合はわたしたちのように駐車場止まりでもいいでしょう。
 
トップの写真は、佐田岬半島の中ほどにある権現山(ごんげんやま)からの眺め。朝のうちはこのように薄雲に覆われて幻想的な風景が広がっていました。ここからだと両側に海が見えて、360度全てが見渡せ、おもしろい感覚にとらわれます。ちょっと寄り道にぴったりな佐田岬です。
 

朝のうちに佐田岬に行きたいなら半島の付け根に位置する八幡浜(やわたはま)市に泊まるのが便利。上の写真は八幡浜港からの眺めです。静かな夕暮れでした。
 
お値打ちに泊まるならスーパーホテル八幡浜がオススメ。町中のごちゃごちゃしたところにあるので、駐車がしにくかったこと以外は問題なし。無料朝食もチョイスが多くて美味しいし。近くに夕食を食べるお店も徒歩圏内に結構あります。
 

 
夕食をいただいたのはちょっと見つけにくいお店ですが、半個室の掘りごたつ席もあって居心地がいいし、何よりお魚の美味しい居酒屋巧味(たくみ)。漁港のある町だからとも言えるだろうけど、お魚はここで食べたのが四国で一番美味しかったです。新鮮な食材に勝るものはないということですね。
 

高知で食べられなかった鰹のたたき(写真左上)。こちらは玉ねぎスライスがのってました。鱧(はも)の梅肉のせ(写真左下)はさっぱりコリコリ美味しい!地鶏のグリル(写真中央上)は絶妙な焼き加減でめちゃうまでした。
八幡浜に行かれる際は超おすすめです。
 
巧味(たくみ)
愛媛県八幡浜市新町269
Tel: 0894-24-5135
営業時間:17:00-23:30
http://shokudukuri-takumi.com


 

その場に行くだけで楽しい道後温泉


 

風情のある道後温泉本館。3000年の歴史がある日本最古の温泉ということなのでそれもそのはず。
 
でもわたしたち、本館の目の前にあるホテルに泊まったにもかかわらず、道後温泉利用しませんでした!
 
と言うのも、その日はかなり暑く、本館から出てくる人が真っ赤な顔して出てくるので余計に汗をかきそうかなと思ったこと。また、昔、道後温泉を訪れたことのある母親から、「あそこの湯は熱い。」と聞いていたのを赤い顔した人を見て思い出したこともありまして。
 
ただこの風景の中にいられただけで温泉に入れなくても楽しかったし(あまり温泉好きじゃないし)、道後温泉周辺の雰囲気もとても良かったので満足でした。
 

そのひとつが道後温泉駅前にあるこのからくり時計。8時から22時の間、1時間おきに動きます。ちょうど20時前で多くの人がからくり時計待ちをしてました。
 
夏目漱石作「坊ちゃん」の登場人物が音楽に合わせて出てくるとのことです。この時計の横には足湯(無料)もありました。タオルを持参すれば誰でも楽しめます。(からくりも足湯も未体験のままのわたしたち、、、ww)
 

道後温泉本館周辺はアーケード街となっていて、お土産屋さんなどのお店が並んでいます。浴衣を着た観光客が歩いている雰囲気はここならでは。これも町の雰囲気アップにつながっている気がしました。
 
お土産なら愛媛らしく、今治タオルがいいんじゃないかと思います。
このアーケード街の中に「伊織」というとてもおしゃれな今治タオルのお店があるのでこちらがお勧めです。
 

道後温泉でのディナーと愛媛スイーツ


宿泊したホテルは夕食がつかなかったので、近くにあった「道後やや」というホテル内にあるレストランでいただきました。愛媛の食材にこだわって地産地消をすすめるレストラン「ややダイニング」。
 

ここでは八幡浜で食べられなかった名物の八幡浜ちゃんぽんなどをいただきました。海鮮の多く入ったちゃんぽん、美味しかったです。ホテル内のレストランだからか盛り付けは洒落てて味も良かったけど、少しお値段が高めです。
 
現在(2017年)は、ややダイニングの夕食は週末と休前日の17時30分より「完全予約制」となっているのでご希望の方は予約をお忘れなく。
 
ややダイニング
松山市道後多幸町6-1
Tel: 089-907-1181
ディナー:17:30-23:00
http://www.yayahotel.jp/index.php


 

甘いもの好きなので、愛媛県内を運転していて気になった「一六タルト」の看板。
そしたら道後温泉街にも店舗があり、バラでいくつか買ってみました。一六タルト(写真上の上部)は餡の中に柚子が入っていてさわやかなのが夏にもいいです。もちろんお土産にも喜ばれそう。
 

 

今回の発見(Discovery)!

道後温泉は寄り道じゃなく、ここを目的に行く人が大半かと思いますが、お遍路さんすると温泉も寄り道になっちゃいますね〜。道後温泉近くにも石手寺などもあるので、お遍路さんをする人でも1泊してみて、独特の雰囲気を味わってみてください。
 
また端っこ好きな人には佐田岬、お勧めです!
 

四国の旅ならこちらもどうぞ

【四国遍路】心が入れ替わる体験!おすすめのお遍路さん徳島編
【四国遍路】修行の色合いが濃くなるお遍路さん高知編
【四国遍路】わたしの中の四国88箇所ベスト寺院「竹林寺」
【高知】宿泊することを旅の目的にしたいと思えるホテル「セブンデイズホテル・プラス」
【四国遍路】煩悩を断ち切り悟りを開けるか?お遍路さん愛媛編
【香川】日本三名園を超える美しさ「栗林公園」と公園横の甘味茶寮「ほとり」
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Restaurant, Travel, 四国, 日本, 日本
-,