【スイス】ステンドグラス好きなら今すぐスイスの歴史ある町ロモン(Romont)へ

 
2013年の年始に小旅行で訪れたスイスのフリブール地方。
この辺りはフリブール以外は大きな町はあまりなくどこもこじんまりとした町ばかり。前回のグリュイエールもそうでした。
今回紹介するロモン(Romont)という町も丘の上にある小さな町ですが知られざる魅力がある町なんです。

 

Advertisement

歴史の古い町ロモン


スイスにあるロモンという町の名前を聞いてすぐにどこにあるのか分かる人はかなり少数派なはず。場所はちょうどローザンヌとフリブールの間にあります。
 

歴史は古く町の起源は10世紀にさかのぼります。時のブルゴーニュ候がこの町を要塞都市として築いたのが始まり。その後も要塞の強化を繰り返し、現在でも城や城壁などにその名残を見ることができます。
 
ロモンの町に近づくと丘の上にあるため町全体が離れたところからもよく見えて、実はこの風景が絵のように美しいと言われています。その写真はないんですが、イタリアのトスカーナ地方にありそうなチャーミングな町のようにも見えます。(こちらのサイトでチラリと町の遠景が見られます。)
 

現在はもちろんお店もカフェもある町で、最初の写真や上の写真に見られるようなアートな看板も見られ、歩いているだけで楽しい町ロモンです。
 

こんなナイスアイデアな飾りも駐車場の前という意外な場所で見つけちゃったし。
 
 

ステンドグラスの町ロモン


当初はこのロモンを訪れる予定はなかったけど、遠目に見て美しい町だったので立ち寄ったんです。なので何もロモンのことを知らなかったのですが、行ってびっくり!ステンドグラス美術館(Vitromusée)なるものがある知る人ぞ知るところだったんです。ロモンはフランス語で"Le Pays du Vitrail"(日本語だと、ステンドグラスの町)と呼ばれているくらい中世から現代までの様々なステンドグラスを目にすることができる町とのこと。
 
ちなみにわたし、ステンドグラス好きなんです。ただこの時は次の予定があったのでこちらの美術館に入ることはできなかったんですが、かなり充実したステンドグラスのコレクションを擁している美術館なのでステンドグラス好きは要チェックです。
 

こちらの門をくぐった城内にステンドグラス美術館はあります。
 

門の反対側はこんな感じ。
 

城壁の一部。中庭から見るとこのような感じです。
 

 

こちらのお城からの眺めです。丘の上(標高780m)で周りは何もないのでどこまでも見渡せます。朝早くにロモンを訪れたので、日の出の遅い冬の朝焼けが見られました。ステンドグラス美術館へは行けなかったけど、この眺めが見られただけでもよかったかな。
 
ステンドグラス美術館(Vitromusée)
http://www.vitromusee.ch


 
ロモン(Romont)観光情報http://www.romontregion.ch(英仏独語)
 

今回の発見(Discovery)!

遠目に見て気になったので立ち寄ったロモンですが、意外にも見どころのある美しい小さな丘の町でした。ステンドグラス美術館とはなんとも魅力的な響き!これは再訪しなきゃ。
 

スイスの旅ならこちらもどうぞ

【スイス】チーズが有名なグリュイエールは女性が気に入る可愛い丘の町
【スイス】三湖地方最大のヌーシャテル湖とスウォッチ本社のあるビール湖
【スイス】三湖地方で最も魅力的なムルテン湖と湖畔の可愛らしい町ムルテン
【スイス】ムルテン湖に行ったら名物の「Gâteau du Vully」食べなきゃ!
【スイス】世界遺産の首都ベルンは遠景が特に美しい(写真集編)
【スイス】世界遺産の美しい町ベルンの見どころ厳選5箇所
【スイス】魅力的なカフェやレストランがいっぱいなベルン
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, スイス, ヨーロッパ
-,