【スイス】三湖地方で最も魅力的なムルテン湖と湖畔の可愛らしい町ムルテン

 
2012年の年末に小旅行で訪れたスイスの三湖地方。その名のとおり3つの湖が集まった地域ですが、地理的にフランス語圏とスイスドイツ語圏が入り混じる複雑なところ。スイスは小さい国なのにややこしい。それも魅力のひとつではありますが。
3つ全ての湖を訪れましたが、今回はその中でも一番印象に残ったムルテン湖と湖畔の町ムルテンのお話です。

 

Advertisement

スイス三湖地方の3つの湖とは?


上の地図では今回の主役であるムルテン湖を指していますが、ズームアウトすると3つの湖の位置関係や3つの湖が運河で繋がっているのも見られます。
 
3つの湖とは、ヌーシャテル湖・ムルテン湖・ビール湖です。前述したとおりこの辺りは言語境界線が入り混じっているのでちょっと複雑なんです。

1. ヌーシャテル(Lac de Neuchâtel)湖:ほぼフランス語圏。3つの中で一番大きい湖。
2. ビール/ビエンヌ(独語 Bielersee/仏語 Lac de Bienne)湖:ほぼドイツ語圏。
3. モラ/ムルテン(仏語 Lac de Morat/独語 Murtensee)湖:フランス語圏がメインだが、ムルテンの町はドイツ語圏にある。湖のほとんどがフランス語圏に入っているのでモラ湖と呼ばれることが多い。

スイスという国が4つの公用語(ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語)を持つ中、どこかにその言語境界線があるわけで、まさにこの三湖地方がそのひとつ。同じ国でも外国旅行をした気分にもなれて面白いです。
 
 

冬のムルテン(モラ)湖の様子

さてこちらを訪れたのは年末の冬真っ只中。雪は降らなかったけど、どんよりとした雲空で朝は霧のような靄のようなものが立ち込める幻想的な雰囲気にも巡りあえました。その中でもムルテン(モラ)湖の朝はいい感じでした。
 

 

静寂が支配する風景は寒かったけど美しかったです。
 
 

湖畔の可愛らしい町ムルテン


ムルテンの町は高台にあるので町から湖を眺めることができます。街中はベルン門(最初の写真にある時計塔のある門)をのぞむメインストリートを中心に可愛らしい雰囲気です。
 

ヨーロッパのキリスト教圏ではクリスマスデコレーションは1月6日まで飾るのが普通なので年末はクリスマスに引き続きどこでもクリスマスデコレーションが見られます。(1月6日過ぎてもそのままのところも多いけど)
 

メインストリート脇にはこのようなアーケードになっています。(首都ベルンと同じですね。)
町のインフォメーションでもらったパンフレットによると、ムルテンの町ではネオンギラギラの看板は景観保護のため禁止されているそうです。昔から続く魅力を保つためにはそういう規制は必要ですねぇ。
 

アーケードの脇にはこのようなアンティークショップもありました。
 

こちらはベルン門を最初の写真とは反対側から見た様子。これは2016年11月に首都のベルンを訪れた帰りに立ち寄った時に撮った写真。月曜日だったからなのか、大半のお店が閉まっていてお茶することもできず残念でした。ムルテンに行くなら月曜日は避けた方がいいのかも?
 
 

ムルテンで飲む&食べるなら


ムルテンに到着したのがまだ夕方の5時ごろだったので、食事には早すぎる。ということでまずはアイリッシュパブへ。
 
この食事の前にお酒を飲むという感覚、日本人的には食事の後の2軒目じゃない?と思いたくなりますが、フランス語圏では食事の前にアペロという習慣があるんです。お酒とおつまみで食事の前の時間を楽しむという時間なんですが、慣れないうちはアペロだけでお腹がいっぱいになって食事に響きます。この時に食べ過ぎずお酒(飲めない人はソフトドリンクでももちろん可。)とおしゃべりを楽しむことに集中しましょう。
 
Irish Tavern
Hauptgasse 45, Murten 3280, Switzerland
Tel: +41 26 672 19 20
 
 

アペロの後は上記のお店のすぐ横というか下にあるレストラン「Freiburger Falle」へ。地下に降りていくと入口があります。
 

店内の雰囲気は地下にあるワインセラーといった感じ。
 

お肉などメニューは色々ありましたが、この時はチーズフォンデュモードだったので、少し変わり種のトマトとタイムが入ったフォンデュを注文しました。時折タイムの香りがたちユニークで美味しかったです。
 

フォンデュにはバゲットやポテトが添えられますが、細かくカットされてはいないので自分で好みの大きさにちぎりチーズを絡めていただきます。
 
以前サボア料理のレストランでラクレットを食べた時の投稿にも書きましたが、チーズを大量に食べる時は白ワインか紅茶を合わせると消化を助けると言われているので、この時は両方注文しました。どちらか(もしくは両方)とると、わたしの場合は次の日にひびかないです。
 

こちらのフォークが曲がったオブジェ。最後のお会計の際に伝票がこれに突き刺さってました。なかなかセンスの光るアイデア!
 
Freiburger Falle
Hauptgasse 43 CH-3280 Murten, Switzerland
Tel: +41 26 672 12 22
営業時間:17:30-23:30(火-金)、11:30-15:00/17:30-23:30(土日)月曜休み
http://ff-murten.ch/home-en.html


 

今回の発見(Discovery)!

2012年の年末に訪れたスイスの三湖地方の旅。今回は一番気に入った町&湖であるムルテン&ムルテン(モラ)湖を紹介しました。
2016年11月に再び立ち寄ったこともありまだ直近の思い出ですが、ムルテンの町は夕暮れ時から夜にかけての方が雰囲気がいいと確信しました。立ち寄った時が月曜日の昼間で閑散としていたことも影響しているけどライトアップされた夜の街並みがいいので、ムルテンで宿泊するか車で移動できる近辺に宿泊することをオススメします。
 

スイスの旅ならこちらもどうぞ

【スイス】世界遺産の首都ベルンは遠景が特に美しい(写真集編)
【スイス】世界遺産の美しい町ベルンの見どころ厳選5箇所
【スイス】魅力的なカフェやレストランがいっぱいなベルン
【スイス】ベルナーオーバーラント地方の魅力的な町トゥーン(Thun)とブリエンツ湖畔
【スイス】ライン川沿いの可愛い町シュタイン・アム・ラインとラインの滝
【スイス】ツェルマットでマッターホルンをあちこちから堪能しました
【スイス】この世の楽園と称されるセレブなスキーリゾート「グシュタード」
 
スイスへの旅ならこんなガイドブックもあります。

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Restaurant, Travel, スイス, スイス, ヨーロッパ
-,