【岡山】日本三名園だから行ってみた岡山後楽園で感じたこと

 
2016年10月の日本旅。
最後に訪れた岡山市でした。夫(写真家)にとっては初めての岡山訪問。わたしも前回訪れたのがいつだったか思い出せないほどあやふやな記憶。「初めて訪れる土地でそこが町中ならそこの有名なスポットに行くべし」がポリシー。というわけで岡山といえば!な岡山後楽園とそのお隣の岡山城へ行ってみました。

 

Advertisement

日本三名園のひとつである岡山後楽園


岡山後楽園は岡山市内にある江戸時代初期に造営された大名庭園で日本三名園のひとつとされています。
(他の2箇所は金沢の兼六園、水戸の偕楽園
 
地図を見ると面白いのが、旭川の中州の部分すべてが後楽園の敷地。この中州が結構大きくて面積は14万4千㎡。東京ドームの3個分という広さです。実際に訪れるとそこまで広くは感じなかったけど隅々まで歩き回らなかったから当然かな?
 
上の写真は唯心山(ゆいしんざん)という約6mの高さの築山からの眺め。ここから園内が一望できます。
 
 

写真を撮りたいスポットは数多くあれど、、、


前述のとおりかなり広い岡山後楽園。随所に目を引く建物や木々などの植物があります。(=写真撮りたいスポット多し!)
 

正門から入ると一番最初に目を引かれる延養亭(えんようてい)。
 

10月ですすきの季節だったので、モリッと美しく剪定された(たぶん)すすきが印象的。
 

廉池軒(れんちけん)という建物。建物もいいけど、周りの水や松の木とのバランスがいいです。
 

芝生がかなり使われた庭園である後楽園。その芝の部分はほとんど何もないので広がりを感じるつくりとなっています。
 

茶祖堂(ちゃそどう)という茶室。
 

園内中央にある沢の池に浮かぶ中の島。池には鯉も泳いでいてザ・ニッポンな風景です。
 

松の木兄弟!?面白いかたちの松の木たち。写真奥にはチラッと岡山城も見えます。
 
と、このようにあちらこちらに写真的にも魅力的なスポットが点在している岡山後楽園。なんですが、なぜか心に響かない。キチキチしすぎてるから?いやメンテの行き届いた庭園は大好きなはず。これを書いている今でもなぜ魅力を感じないかという理由ははっきりしませんが、わたしにとってはまた行ってみたい!という気が起こらない庭園でした。
 
 

岡山に来たなら食べたいきびだんご

庭園内にある一番大きな池である沢の池沿いにお茶屋さんがありまして、甘いものはしっかりいただきました。
 

私は抹茶に岡山名物きびだんごのセット。
 

夫はいくつかあったパフェメニューの中から黒ごまアイスパフェ。普段甘味をとらない彼だけど、旅では弾けます。ww
 

岡山名物といえば、のきびだんご(写真右)はそのお茶屋さんでもお土産として類似品などと一緒に販売されていました。普通に美味しいおまんじゅう。きびだんごと言えば、桃太郎!というわけで駅前だったかな?桃太郎さんの乗っかった郵便ポストを発見。
 
 

グレーの外観の岡山城にもぜひ

岡山後楽園へ行ったらすぐお隣にある岡山城にもぜひ足を運んでみてください。南門から出てすぐのところにある月見橋を渡るとすぐそこは岡山城です。
 

いつものように岡山城内には入らなかったんですが一応城の下までは行きました。ただ写真的には月見橋を渡らず対岸の川沿いからの方がいいと思います。もしくは月見橋の上からでもいいです。黒のようなグレーのような外観がスッキリしていいお城。
 

夜にも再訪して岡山城の撮影。昼間ちらほら降っていた雨もやみ風もなく川面に映る逆さ岡山城も写せたんですが、この後急に風が吹き出したため撮影終了。10月だと夜もまだそれほど寒くないので撮影しやすくていいです。
 
岡山後楽園
岡山市北区後楽園1-5
Tel: 086-272-1148
開園時間:7:30-18:00(3月20日-9月30日)8:00-17:00(10月1日-3月19日)
入園料:400円(岡山城との共通入園料:560円)
アクセス:路面電車「城下」下車徒歩約10分/岡電バス「後楽園前」下車すぐ
http://www.okayama-korakuen.jp


*アクセスは路面電車(トラム)がオススメです!ちょっとレトロなのんびりした感じがいい。ICカードはハレカカード、PiTaPaカード、ICOCAカードの3種類が使えます。
 

今回の発見(Discovery)!

岡山後楽園を訪れるのが初めてだったのか2度目だったのか覚えがないのですが、どちらにしてもいい庭園なのに感じるものがないという自分にとっては不思議な日本庭園でした。日本三名園のすべてを訪れて個人的にいちばん好きなところは金沢の兼六園。どこも素晴らしい庭園なんだけど、三名園に選ばれていない庭園でもっと美しい場所はいくつもあります。決められた名園ではなく自分の名園をこれからも発見していきたいですし、好きな庭園には違う季節にも訪れたいです。
 

日本三名園やおすすめ日本庭園は他にもこんなに!

【香川】日本三名園を超える美しさ「栗林公園」と公園横の甘味茶寮「ほとり」
【島根】本当は教えたくない名園!大根島にある由志園
【島根】入館料は高いけど一度は見るべき足立美術館の日本庭園
【京都洛東】初めて無鄰庵に行って感じたこと
【石川】どうして金沢が人気の観光地なのかがわかった気がしました
【茨城】日本三名園のひとつ偕楽園に行くベストシーズンは?
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 中国, 日本
-,