【山口】まるで沖縄な風景が楽しめる人気の写真スポット角島大橋

 
2000年に開通した角島大橋をご存知ですか?
山口県下関市の日本海側から角島を結ぶ無料で通行できるんです。地元の人にとっては重要な生活道路のひとつなんでしょうが、よそ者にとってはロケーション、流れるような橋の形状、そして角島周辺の海の美しさがあいまって角島大橋自体がいまや観光スポットとなり、写真愛好家にも大人気。インスタグラムでもよーく見かけます。
 
2016年10月の旅ではそんな人気の角島大橋にも足を伸ばしてみました。今回はこれぞ絶景!の角島大橋の撮影ポイントなどのお話です。

 

Advertisement

角島大橋のあるロケーションがたまらない!

角島大橋があるのは下関という本州再西端。その下関の北西の角っこにある角島大橋は出発地点によっては遠いところにある印象です。わたしたちはお隣の長門市に滞在中に訪れたので車で40分ほどでアクセスできました。ちなみに新幹線の新下関駅からだと車で1時間ほどです。
 
ここに到着するまで海の色が綺麗だとは特に感じなかったんですが、角島大橋周辺の海はまるで沖縄?というぐらい美しいです。
 

ね、そう思いません?
橋もいいですが、この海の色にやられました。天気がよかったことも幸いして本当にいい眺め。
 

ところで、角島大橋に到着した時にまず思ったのが、「沖縄の古宇利(こうり)大橋に似てるな〜。」ということ。この沖縄の古宇利大橋(上の写真)も無料で渡ることができる橋ということが共通点。ちなみに古宇利大橋の長さは1960m。角島大橋は1780mと僅差でどちらもかなり長いです。古宇利大橋を渡った時は薄曇りだったので角島大橋周辺の方が沖縄っぽく見える妙。
 
 

角島大橋の撮影に最適なスポット3箇所

そんな美しいロケーションにある角島大橋の撮影ポイントを3箇所紹介します。
 

1. 海士ヶ瀬公園


角島に向かって右手。公園というより駐車場の印象が強いです。車で来たらまずはここに停めて見学、という感じになるので一番最初の撮影スポットになると思います。上の写真がその公園から撮ったものです。
 

2. 角島大橋入口左手の展望台


海士ヶ瀬公園から横断歩道を渡って反対側に行くと、ちょっとした展望台があります。そこからの眺めが上の写真。海だけの写真もこの展望台から撮りました。橋と一緒にカメラに収められる記念撮影にもピッタリな場所なのでセルフィー(=自撮り)にもピッタリ!
 

3. 角島大橋を真正面から撮れる絶景ポイント


こちらは横断歩道から撮った写真。交通量の少ない時ならこれでもいいですが、ちょっと危険なのでもっと安全に正面写真を撮ることができるスポットがあります。地図で確認しましょう。
 

角島大橋(276号線)へのアクセス道路である275号線から右に入る細い道からだと橋の真正面を見下ろすかたちで眺めることができます。かなり細い道なのでこの道沿いに路駐はしないほうが賢明です。わたしたちはここまでは行かなかったのですが、海士ヶ瀬公園の駐車場に車を停めても十分歩ける距離なので撮影は駐車場から歩いて行ってみてください。
 
ちなみに上の地図で右上の位置にあるガッビアーノというお店。お茶でもできるのかな?と行ってみました。どうもイタリアン料理のレストランのようですが、お茶もできそう。ただ店の入口にかかっていたメニュー表を見てとんぼ返り!「コーヒー ¥750」也!!角度的にも角島大橋を眺めながらお茶や食事ができそうでいいロケーションだけど、その値段はどうかな〜。「ありえんわー!」とすごすごと引き返しました。ww 
 
コレだけ人気スポットになってるんだからもう少しカフェなどできてもいいものなのに。このような絶景近くでお茶する文化が根付いてほしいと願って止みません。
 

山口県観光情報サイト

おいでませ山口http://www.oidemase.or.jp
 

今回の発見(Discovery)!

角島大橋を訪れるまでネットなどで写真は見ていましたが、「どこから撮影できるんだろう?」と疑問でした。でも行ってみると駐車場もわかりやすいし、簡単に写真が撮れることが判明。上記の1&2でお伝えしたスポットは誰でもラクラク行けるスポット。3のスポットも少し歩けばなんてことはなさそう。
このように角島大橋にさえアクセスできれば写真撮影は難しくないので、このような風景がお好きな方はフグを食べるついでに行ってみてください。
 

山口の旅ならこちらもどうぞ

【山口】古い街並み好きならきっと気に入る世界遺産の萩城下町
【山口】奇岩のある海岸線風景を撮影したいなら青海島へ行かなきゃ
【山口】CNN「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた元乃隅稲成神社に行ってみたいあなたへ!
 
眺めのいい橋として角島大橋も紹介されています。

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 中国, 日本
-, ,