【鳥取】日本三景を超える美しさ「浦富海岸」は鳥取観光のハイライト

 
日本は海に囲まれた島国。
海岸線の美しいスポットは日本各地にあり、代表的なものは日本三景(松島・天橋立・宮島)とされています。しかーし!個人的には今回紹介する鳥取県の海岸線風景の方が日本三景(天橋立は未踏ですが)よりもずっと美しいと感じました。そんな浦富海岸の見どころをスポット別にみていきます。

 

Advertisement

浦富海岸のプロフィール

nishiwaki-coast3
鳥取市の東隣にある岩美町の海岸線が浦富(うらどめ)海岸と呼ばれる日本海の荒波によって作られた景勝地です。海岸線沿いには遊歩道が設けられていて陸地から眺めることができるし、遊覧船やシーカヤックに乗って海から独特の地形をのぞむこともできます。
 
kamogaiso1
浦富海岸の遊歩道にある案内板。
 
 
また、浦富海岸は「山陰海岸ジオパーク」の一部を形成しています。山陰海岸ジオパークは西は鳥取市、東は京都の京丹後市という東西約120km、南北最大30kmという広大な範囲に広がる地形の屋外博物館のようなもの。鳥取砂丘もこのジオパークに含まれます。シンプルにいい眺めだな〜と楽しんだり、地形・地質に興味がある学者肌の人まで楽しめるユニークなところです。
 
 

一番印象的な岩「千貫松島」

西側の鳥取市に近い方から見ていきましょう。
まずは浦富海岸のハイライトと言っても過言ではない特徴的なかたちをした岩である「千貫松島(せんがんまつしま)」から。
 
sengan-matsushima2
山道のような遊歩道を歩き、展望台の手前から見える風景が上の写真です。真ん中に穴が開いて、岩の上におそらく手入れされているであろう松が生えているのが千貫松島です。この穴が開いた状態を陸側から見えるのは展望台(案内板があるところ)の手前と展望台から下に下って、海の中入って岩の正面近くまで歩かないとダメです。
 
sengan-matsushima4
展望台のところにある千貫松島の説明看板。
 
sengan-matsushima1
夕暮れ時の千貫松島。これが展望台からの眺めです。暗くてよく見えないでしょうが、ここからは岩の穴は全く見えません。
 
sengan-matsushima3
展望台から下っていき、海に足をつけずにギリギリまで行って撮った写真です。浸食している様子はうかがえますが、ここでも穴は見えません。上から見下ろすだけで十分という方は遊歩道から。自分の目線で穴が開いている状態が見たい!という方は海の中に入ってください。ww
 
 

岩が点在する鴨ヶ磯

kamogaiso2
上記の千貫松島から遊歩道がつながっているので歩いて行くこともできますが、車で行かれる場合は鴨ヶ磯(かもがいそ)に降りる手前に駐車場があるので車で移動した方がスムーズです。
 
鴨ヶ磯は砂浜の前に岩が点在するザ・浦富海岸な景色が楽しめるスポットです。iPhoneでパノラマ写真を撮るのが楽しいです。そういえば砂浜にペットボトルなどのゴミが結構あったんですが、日本語じゃなかった・・・。ここまで流れ着いちゃうんだなと思った次第。
 
 

眺めのいい神社「荒砂神社」

鴨ヶ磯から車で浦富海岸を走る道は結構ぐねぐねとカーブが続きますが、この荒砂神社から浦富海水浴場まではしばらくまっすぐな海岸線となります。
 
arasuna-shrine1
荒砂神社の入口。神社自体はとてもこじんまりしてます。
 
arasuna-shrine2
高い木が生えている辺りまで行けます。ここから日本海一望できます。
 
arasuna-shrine3
神社の手前に駐車場があり、その真ん前がビーチとなっています。そのビーチの前の岩には荒砂神社のものであろう鳥居が建っています。こちら岩のように見えるけど、一応名前は「宮島」と名付けられている模様。
 
荒砂神社
鳥取県岩美郡岩美町浦富2475-17


 

浦富海岸その他の見どころ

浦富海岸には他にも特徴的な地形があちこちにあります。
鴨ヶ磯と荒砂神社の間に大きめの駐車場、城原(しらわら)駐車場があります。
 
shirawara-coast
こちらは上から見下ろすだけですが、城原海岸と菜種五島をのぞむことができます。菜種五島は元々は海に突き出た岬が長年荒波によって浸食されて5つの島のような岩となったとのこと。春になると菜種の花が咲くことから菜種五島という名前がつけられたそうです。
 
浦富海水浴場から東へ向かう道は国道178号線となります。国道を東へ進むと、陸上(くがみ)トンネルを通り抜けることになりますが、そこは通らず、手前の道を陸上(くがみ)方面へ左に入るとすぐに駐車場がある西脇海岸もまた美しい景色を見ることができます。
 
nishiwaki-coast1
西脇海岸の風景。駐車場からでもこのように十分撮影は可能。
 
nishiwaki-coast2
かなり強引に西脇海岸の海岸まで降りて行った夫(写真家)がビーチで見つけたシーサー(?)。あまりおすすめはしませんが、駐車場の手前から強引にビーチへ降りることはできるようです。ビーチへ行くかどうかは自己責任でお願いします。ww
 


 
最後は兵庫県側の新温泉町に入ったところにある穴見(あなみ)海岸です。
 
anami-coast
 
anami-coast2
場所は兵庫県に入ってすぐ。国道178号線沿いの道なりにある駐車スペースから十分見ることができます。浦富海岸ではないけど、山陰海岸ジオパークの一部として紹介しました。
 

浦富海岸に関してはこちらをご参考に

鳥取県観光案内http://www.tottori-guide.jp
岩美町観光協会http://www.iwamikanko.org
 
 

今回の発見(Discovery)!

鳥取市内を車で走っていると鳥取砂丘と同じくらい見かける「浦富海岸」の案内板。ナビでも出てきますが、浦富海水浴場を示すことが多いかと。岩美町の海岸線を行き来するのはそれほど長い距離でもないので、通り過ぎたら戻ればいいや、ぐらいのリラックスモードで浦富海岸めぐりを楽しんでみてください。日本三景に負けず劣らずの美しさです!鳥取観光のハイライトと言っても言い過ぎじゃないというくらいいいです!!
 

鳥取旅ならこちらもどうぞ

【鳥取】山の中に突如現れるおしゃれ空間「大江ノ郷」に行ってみた
【鳥取】楽しみたいなら裸足で歩こう鳥取砂丘!
【鳥取】日本一ストレス指数の低い鳥取で癒される旅はいかがですか?
【鳥取応援企画】震災をバネにしてより魅力ある倉吉白壁土蔵群へ!
 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 中国, 日本
-, ,