【鳥取】山の中に突如現れるおしゃれ空間「大江ノ郷」に行ってみた

 
出会いというものは不思議なもの。個人的には偶然出会うのではなく、全て理由があって必然的に出会うんだと思っています。
なのでひとつひとつの出会いは大切にしたい、いや、しなくちゃいけない。たとえそれがつかの間の出会いだったとしても。
今回紹介する鳥取の正直言って田舎にあるおしゃれ空間「大江ノ郷(おおえのさと)」はそんなつかの間の出会いのおかげで行くことができたところでした。

 

Advertisement

鳥取の山の中に突如現れるおしゃれ空間

oenosato-village1
出会うべくして出会った方に言われたとおり車を走らせること10分弱。のどかなと言えば聞こえがいいけど、普通の田舎のど真ん中に突如現れた巨大駐車場の奥にシャレた建物が建っていたのですぐにココが「大江ノ郷(おおえのさと)」だと分かりました。
最初の写真はココガーデンというカフェの外観、上の写真は大江ノ郷ヴィレッジというパンや洋菓子などが販売されている建物です。
 
見た目がおしゃれで他府県からも大勢の人がやって来る大人気の洋菓子を出すお店がある、とだけ聞いて訪れたので半分冷やかし気分で行ったんですが、着いてみてビックリ!東京などの都会にあってもおかしくない外観のお店がなぜココに?とますます疑問がわいてきました。
 
大江ノ郷のサイトを見てみると、こちらのオーナーさんが1994年にこの地で平飼い養鶏をスタートしたのが始まり。平飼い養鶏とは鶏舎内のケージにギューギューに詰め込まれて卵だけを産まされる従来の養鶏とは違い、開放型の鶏舎(つまりは外)を自由に走り回れる放し飼いのこと。そうして健康的に育てられた鶏たちが生んだ卵がこちら。
 
oenosato-village7
天美卵(てんびらん)というブランド名で卵だけでも販売されていました。もちろんスーパーで見かける卵よりは高いですが、昔ながらの本当の卵の味が感じられる平飼い卵。この天美卵を使ったお菓子がこちらでは販売されています。
 
 

大地の恵みを感じるお菓子たち

大江ノ郷は農と食が存分に楽しめるリゾートとしてまとめて「大江ノ郷リゾート」と銘打っています。敷地内にはローズガーデンもあるようですが、そこまでは行きませんでした。またカフェであるココガーデンの前には平日の午前中だというのに待っている人が結構いたのでそこへも行かず。結局行ったのは大江ノ郷ヴィレッジだけでした。
 
oenosato-village5
美味しそうなパンがずらーっ!
 
oenosato-village3
高級デパ地下を思わせる店内。写真左下に見えるポテトチップスもこれだけで300円也!でもポテチ好きの夫(写真家)は迷わずオーダー。贅沢なお味でした。
店内奥にはうどん屋さん(写真右下)までありました。
 
oenosato-village6
前述したパン屋さんのコーナーにはフレッシュジュースを売っているコーナー(上の写真)があったので、パンと一緒に並んでいた大江ノ郷タルトと一緒にいただきました。
 
oenosato-village4
何のジュースだったか忘れちゃいましたが、名前のとおりフレッシュですごく美味しかったです。天美卵をふんだんに使ったタルトは濃厚でしっかりした味。こちらも美味でした。冷やかし気分で行ったけどその軽い考えは全く覆された有意義な訪問でした。
 
こちらの大江ノ郷リゾートは週末ともなるとカフェであるココガーデンには大行列ができるそうです。大きな駐車場がある理由もうなづけます。ここを訪れる人のお目当ては「パンケーキ」。ぜひリンクをクリックしてみてください。行きたくなるはずです。
 
大江ノ郷リゾート
鳥取県八頭郡八頭郡八頭町橋本877
Tel: 0120-505-606(フリーダイアル)
営業時間:10:00-18:00(ココガーデン&大江ノ郷ヴィレッジ)
休日:無休
http://www.oenosato.com/index.html


 

大江ノ郷に行けたのは住職さんのおかげ

大江ノ郷に行くことができたのは実は直前に拝観したお寺の住職さんが教えてくれたから。
当ブログを以前から読んでくださっている方はご存知でしょうが、ライフワークとして日本中の真言宗寺院めぐりをしているわたしたち。鳥取では探したところほとんどなく、拝観できたのは2寺院のみ。そのひとつがおしゃべり好きな住職さんがいる多宝寺(たほうじ)でした。
 
tottori-tahoji2
お寺の入口付近にある説明文を読むとかなり古い寺院なんですね。
 
tottori-tahoji1
観光寺院ではないのでこじんまりとした境内を歩いていたら住職さんが「どうしたの?」と言わんばかりに寺務所から出て来られてあれこれお話してくれました。本堂や大師堂、納骨堂まで案内してくれてその間もかなりの勢いでお話されてました。
 
そのおしゃべりの流れで、「銀座にでもありそうな休日ともなると行列ができる洋菓子のお店がここからすぐのところにあるんだよ!」と教えてくれたのでした。多宝寺に行かなかったら、行ってもこの住職さんに会わなかったら行くこともなかった大江ノ郷。話のとおり、大江ノ郷は多宝寺からまっすぐ南に10分弱行くだけで簡単。いやはや面白いもんです。
 
多宝寺
鳥取県八頭郡八頭町船岡殿413
Tel: 0858-72-0679


 

鳥取市内の真言宗寺院「最勝院」

tottori-saishoin
わたしたち同様、真言宗フリークの方のための情報として、最後に鳥取市内にある最勝院(さいしょういん)を紹介します。
高野山真言宗の最勝院は観光寺院ではなく、境内も狭いです。ずらりと並んだお墓(?写真右下)が印象的ではありましたが、特に見どころはなかったです。寺院横に駐車場があるので参拝には便利。
 
最勝院
鳥取市湯所町1-139
Tel: 0857-22-8868


 

今回の発見(Discovery)!

大江ノ郷リゾートはまさに大発見でした。それも自分の力ではなく拝観した寺院の住職さんに教えてもらうという面白い理由での発見。旅先で地元の人とふれあうとこんなご褒美が待ってるんだな、という典型的なパターンでした。これだから旅はやめられない!
 

鳥取の旅ならこちらもどうぞ

【鳥取】楽しみたいなら裸足で歩こう鳥取砂丘!
【鳥取】日本一ストレス指数の低い鳥取で癒される旅はいかがですか?
【鳥取応援企画】震災をバネにしてより魅力ある倉吉白壁土蔵群へ!
 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, 中国, 日本, 日本
-, , ,