【岐阜】金華山周辺に見どころ凝縮!岐阜観光スポット&鵜飼見物の注意点

2017/07/09

 
岐阜市で観光。
あまりピンと来ない人も多いかと思いますが、その考えを一番持っていなかったのがわたし自身でした。というのも生まれも育ちも岐阜市のお隣、愛知県側の一宮市(便宜上、名古屋出身にしてますが)で岐阜には数えきれないほど行っていて今さら改めて観光と言われても、、、というのが正直なところ。
ところが2016年10月に訪れた岐阜市では思わぬ発見もありました。まさに灯台下暗し。そんなほぼ地元を少し客観的に見てみた岐阜市の観光スポットと長良川鵜飼見物の注意点に関してお話していきます。

 

Advertisement

和の佇まいが美しい岐阜公園庭園

この時は長良川沿いにホテルを予約していたので岐阜城のある金華山は目の前。なのでホテルからは歩いて岐阜観光をすることにしました。金華山の麓には岐阜公園という観光地というよりは市民の憩いの場という公園があります。
 
歴史好きな人にとってはちょっとワクワクするスポットで、ここは戦国時代の岐阜城主であった斎藤道三や織田信長の居館があったとされる場所なんです。若き日の織田信長の銅像もあります。
 
こちらには日本庭園好き(=わたし)にも楽しめる庭園がありました。
 
gifu-park1
 
gifu-park2
 
gifu-park3
織田信長が駆け抜けた戦国時代の荒々しさをイメージした「信長の庭」とのこと。
こちらを参照)
荒々しいどころか和の佇まいを感じさせる美しい空間が広がっており心和みました。秋の紅葉シーズンにも楽しめそうな信長の庭です。
 
他に岐阜公園内には三重塔が山の斜面に沿って建っているんですが、訪れた時は運悪く修復工事中。いつ終了するのか分かりませんが、遠景が美しい三重塔。一度近くでちゃんと見てみたいです。
 
岐阜公園
岐阜市大宮町
Tel: 058-264-4865
開園時間:入場自由(無料/無休)
http://www.city.gifu.lg.jp/8416.htm


 

岐阜城よりも眺望が素晴らしい金華山

岐阜公園が麓にある金華山(きんかざん)山頂には、斎藤道三や織田信長が居城した岐阜城があります。岐阜のシンボル。
 
gifu-castle2
最初の写真と近景を撮った上の写真がその岐阜城です。んんん、、、離れて見た方がいいかな。ww
現在の岐阜城は1956年(昭和31年)に復元された鉄筋コンクリート製。だからとは言わないけど近くで見るとあまり情緒がない。城内は史料館や展望台となっていますが有料(200円)。
金華山にはものすごく頑張れば歩いて登ることもできますが、金華山ロープウェイ(往復1080円)を利用した方が断然ラクです。ロープウェイに少し値がはるので、歴史に興味がある人以外は岐阜城を間近で見た後は、金華山からの眺望を楽しんだ方がいいです。
 
view-from-mt-kinka
金華山からのパノラマ。長良川をのぞむ西側の風景です。南側を見ると名古屋まで見渡せました。
 
金華山の頂上、つまり岐阜城までは車で行くことはできません。徒歩かロープウェイのみ。ロープウェイの営業時間はGWや夏休み期間をのぞいては17時もしくは18時までです。
(詳しい運行時間はこちらを参照)
 
車で金華山に上りたい!ということであれば、金華山ドライブウェイをご利用ください。こちら夜景スポットとしても人気で岐阜近辺のデートスポットでもあります。(そういや若かりし頃行ったっけな〜、、)ただし夜21時にドライブウェイが閉鎖されるのでご注意ください。
 
岐阜城
岐阜市金華山天主閣18
Tel: 058-263-4853
開館時間:9:30-17:30(3月16日-5月11日)、8:30-17:30(5月12日-10月16日)、9:30-16:30(10月17日-3月15日)
入館料:200円
http://www.gifucvb.or.jp/sightseeing/detail_kankou.php?eid=00001


 

<超穴場>岐阜大仏

日本三大大仏と言われて2つ(奈良と鎌倉)はすぐ浮かぶけど、もうひとつはどうですか?すぐに答えられますか?
2つの説があって、ひとつは富山の高岡にある高岡大仏と言われています。そしてもうひとつの説では岐阜にある大仏とのこと。岐阜に大仏さまがいるなんてご存知の方いますか?わたしはこの時初めて知り、もちろん初めて見ました。それがこちら。
 
gifu-daibutsu
こちらが通称「岐阜大仏」。乾漆造仏では日本一の大きさなんです。驚き!岐阜にそんな珍しい大仏さまがいたなんて!!
坐像の大仏さまの高さは13.7m、耳の長さは2.1m。乾漆造という作り方は、骨格は木材で外部は良質の竹材と粘土で造られ、その上に経典が書かれた美濃和紙を貼付けて漆を塗り、さらにその上に金箔を貼るというもの。金属でもない、木造でもない、紙で作られた大仏さまとは何とも珍しいです。
 
shoboji
こちらが大仏殿。大仏さまはこの中にいらっしゃいます。
岐阜大仏のいる寺院は正法寺(しょうぼうじ)という黄檗宗寺院。中国の禅寺なのでこの大仏殿のつくりも少し日本の禅寺とは趣きが違います。この正法寺は黄檗宗の本山である京都宇治にある萬福寺の末寺(=本山の支配下にある寺院のこと)にあたります。
 
ちなみにこちらの大仏さまはフラッシュをたかなければ写真撮影OKですので気兼ねなく写真が撮れます。
 
岐阜大仏(正法寺)
岐阜市大仏町8
Tel: 058-264-2760
拝観時間:9:00-17:00
拝観料:200円


 

ぎふ長良川鵜飼は天候に左右されるイベント

gifu-manhole
岐阜で何が有名かと聞かれて、「鵜飼」と答える方も多いかと思います。そんな岐阜を代表するイベントである鵜飼は長良川沿いのマンホールのデザイン(鳥である鵜)にもなっていました。
 
近すぎて鵜飼を見に行ってみようとはそれまで考えたことはなかったのですが、両親の提案で初めて鵜飼を見てみることに。ただ初めての鵜飼はほろ苦いイベントとなってしまいました。
というのも、鵜飼ってその日の天候や長良川の流れや水量に影響を受けるので必ずちゃんと見られるものじゃないんです。鵜飼見物する観覧船には乗らず川岸から見ていたんですが、観覧した夜は風があり鵜匠の人たちを乗せたボートはあっという間に目の前を通り過ぎ・・・「あれ?もう終わり??」状態。唯一撮れた写真はこれだけ、、、
 
gifu-ukai
一応1時間かけて行なわれる鵜飼のようですが、この夜はものの10分ぐらい?観覧船に乗らなくてよかったー、と思ったぐらいあっけなかったです。
 
同じく川岸で鵜飼写真の撮影をしていたおじいさんと鵜飼が始まる前から少し話をしていたんですが、長年鵜飼を見続けている彼曰く、「今日はひどい!」とのこと。わたしたちが初めての鵜飼見物だったことを伝えると、撮りためた写真を収めたCDをプレゼントしてくれました。名前も言われなかったけどありがとう、おじいさん!ということで彼の撮った写真を何枚か。
 
gifu-ukai-photo3
観覧船からはこんな感じで鵜飼が見えるんですね。
 
gifu-ukai-photo2
 
gifu-ukai-photo1
鵜もちゃんと写ってます。ただおじいさんフラッシュ使ってたんですね〜。なのでちょっと不自然な光が入ってる。けどご厚意でいただいたものなので世界に向けて発表しちゃいます。
 
ぎふ長良川鵜飼は毎年5月11日から10月15日まで毎日開催されています。見てみたいと思われた方はサイトで詳細をご確認ください。
 
ぎふ長良川鵜飼https://www.ukai-gifucity.jp/ukai/
 
 

鵜飼をじっくり楽しみたい人におすすめな宿

この鵜飼を見るために予約したホテルは、鵜飼を行なう鵜匠ファミリーが経営する長良川沿いにある「鵜匠の家すぎ山」というホテルでした。このホテル前でいつも鵜飼が行なわれるので観覧船には乗らず、ホテルの真ん前で待ち構えていた、というわけです。金華山の真ん前でもあるので、岐阜城も見えます。なかなかの好ロケーション。
 
ホテル自体はよく言えば味がある、でもぶっちゃけ古さを感じる部屋でした。部屋にwifiはなく、ロビーのみ。(ただそのロビーのwifiは驚くほどサクサクだった!)
ただし料理自慢の宿とサイトで謳っているとおり料理は美味しかったです。
 
sugiyama-lunch
宿泊する日のランチもこちらで豆腐定食をいただきました。長良川一望の部屋で贅沢なランチ。
 
sugiyama-dinner
夜は長良川名物の鮎(写真上)などなどお腹がはち切れそうなぐらいの量。翌朝の朝ご飯では飛騨名物だけど朴葉(ほうば)みそ(写真右下)もありました。
 
鵜匠の家すぎ山
岐阜市長良73−1
Tel: 058-231-0161
http://www.gifu-sugiyama.com


 

今回の発見(Discovery)!

岐阜公園の庭園と岐阜大仏はかなりの発見でした。知る人ぞ知る大仏さまかと思いきや、乾漆造仏ということで結構知られた存在なんだとか。穏やかなお顔立ちをした大仏さま。岐阜に行かれたらぜひ拝みに行ってください。
 

岐阜観光なら

岐阜市観光情報http://www.gifucvb.or.jp/sightseeing/index.php
 

 

こちらもよろしかったらどうぞ

【岐阜】紅葉も綺麗な関市板取にあるモネの池は写真好きには面白い!?
【愛知】京都からの日帰り遠足は地元名古屋の真言寺院めぐりとグルメな旅
【福井】これを読めば小浜での1日の過ごし方がすべて分かります
【石川】どうして金沢が人気の観光地なのかがわかった気がしました
【三重】伊勢神宮だけじゃない!伊勢の楽しみ方
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, ホテル, 中部, 日本
-,