【台湾】台北観光の定番から穴場まで厳選6スポット

2017/06/04

 
2016年4月に訪れた台湾。
以前の投稿にも書きましたが、個人的な印象としては台北で過ごした時間がいちばん楽しかったです。日本人の多くが旅するのも台北かと。1度しか訪れていない台北ですが、短期間の旅行でもココを見たら台北楽しいよ、というスポットを6つに絞ってお話します。

 

Advertisement

1. <定番>中正紀念堂

chiang-kaishek-memorial1
中華民国初代総統の「蒋介石」を祀ったホールである中正紀念堂(英語:Chiang Kai-shek Memorial Hall)。かなりスケールの大きな施設です。台北観光の定番中の定番ですが、訪れる時間帯としては夜がおすすめ。デートスポットなのかな?紀念堂前の階段には何組ものカップルが愛を語り合っていました(聞いたわけじゃないし、聞いてもわかんないけど。ww)。
 
chiang-kaishek-memorial2
同じ敷地内(中正紀念公園内)にある台湾の国立劇場や、
 
chiang-kaishek-memorial3
自由広場門という大きな門も見られます。台北は比較的安全な町なので夜出歩いても気を抜かなければ大丈夫。写真撮影が目的なら断然夜がおすすめです。
 
中正紀念堂
No.21,Zhongshan S Rd,Zhongzheng District,Taipei
アクセス:台湾メトロ「中正紀念堂」駅下車
http://www.cksmh.gov.tw


 

2. <穴場>大安森林公園

daan-park1
台北は都会でいわゆるコンクリートジャングルだけど、この大安森林公園(英語:Daan Forest Park)はまさに都会の中のオアシス的存在。宿泊したホテルの真ん前だったこともあり散歩してみたら結構いい感じです。
写真左:公園の入口。
写真右:最寄りのメトロ駅「大安森林公園」。
 
daan-park2
高僧ビルを借景に熱帯ジャングルが広がる公園内にはたくさんの種類の鳥が生息していたり、日本では見慣れない竹が生えていたりといろんな発見ができます。天気のいい日のお散歩にどうでしょう?
 
大安森林公園
No.1,Section2,Xinsheng S Rd,Da’an District,Taipei
アクセス:台湾メトロ「大安森林公園」駅下車すぐ


 

3. 象山

taipei101.1
台北の新しいシンボルといえば、台北101。こちらに関しては以前も書きました。
 
【台湾】台北101は離れたところから眺めるのが一番!
 
タイトルのとおり、このような目立つビルは上るより離れたところから見る方が写真的にもおすすめ。台北101が美しくみえるスポットがこの象山(英語:Elephant Mountain)です。詳しくはリンクを見ていただくとして。遊歩道が完備されていますが、軽い山登りなので運動不足解消にもなります。暑い時期だと汗だくになるかと思いますが。
 
象山(自然歩道)
110, Shingi District, Taipei


 

4. 指南宮 + 猫空

zhinan-temple
以前書いた投稿でもお話しましたが、台北にはいいお寺がいくつもあります。
 
【台湾】台北メトロでまわる台北の寺院5選(おすすめ3選)
 
一番有名なのは龍山寺(最初の写真)で上記リンク記事にも書きましたが、個人的に気に入ったのは指南宮(Zhinan Temple)という猫空ロープウェイに乗っていく寺院でした。山の上にある寺院というロケーションもよかったし、無数のランタンが並ぶ様子もよかったし、ちょっとしたエクスカーション気分になれるので猫空ロープウェイとともに楽しめます。
 
指南宮(Zhinan Temple)
No.115,Wanshou Rd,Wenshan District,Taipei
アクセス:文湖線(茶色)で終点の台北動物園駅下車。その後猫空ロープウェイで指南宮駅にて下車。


 

5. 台湾マッサージ

女性の場合、台湾に行ったらぜひしたいことのひとつにマッサージを挙げる人多いのではないでしょうか?わたしもそのひとり。お安くお気軽にできる足つぼマッサージはぜひ試してみたいもの。特に調べもせず適当に入ったお店でしたが、少し日本語も通じ、清潔感も問題ないいいマッサージ店でした。
 
xingtian-temple
場所は上の写真にある人気のお寺「行天宮」のはす向かい。
 
taiwanese-massage
お店の外観(左)とマッサージメニュー。一番上のおすすめである足つぼマッサージと頭・首・肩マッサージのコースを選択しました。
 
マッサージ中の写真は撮れませんでしたが、フットバスから始まり、その足湯をしたまま最初は頭や肩などのマッサージ。その後足つぼマッサージを同じ人(男性)がしてくれました。マッサージ師の人は片言の日本語が話せたのはよかったけど、
「かかとカチカチね。角質とりもした方がいいよ。」
と言われ軽くショック。ww まあホントのことだけど。押し付けがましい感じはなかったので角質とりはしませんでした。
行天宮のはす向かいという情報しかありませんが、問題はなかったのでよかったらどうぞ。
 
 

6. 屋台飯

taipei-street1
台北には町中あちこちに屋台があり、いつ何時でも何かしら食べ物にありつけます。夜市(ナイトマーケット)もそこらじゅうにあり、「士林夜市」が最も有名だったりしますが、どこでも美味しい屋台飯には出会えるのでわざわざ狙って行く必要もないのでは?と個人的には思いました。
 
taiwan-stallfood2
想像できるものから、???なものまで何でもありな台湾の屋台飯。
 
taiwan-stallfood1
片言英語で注文したチキンの、、何だったかな?(写真左・中)美味しかったけど。
大判焼きのような甘いお菓子。(写真右)安くてうまい!
 
台北のあちこちでこのような美味しい屋台飯食べてみてくださいね〜。
 

小籠包で有名な鼎泰豊でのディナーと士林夜市散策ができるツアー
台北101の地下にある小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)は常に長蛇の列。それでも小籠包食べたい!そして一番有名な士林夜市も一緒に楽しめるという極上ツアーを発見!
 
詳しくは下のリンクをクリックしてください。
 
Voyagin: 鼎泰豐(ディンタイフォン)ディナー&士林夜市散策ツアー

 

松山空港発着だと便利

songshan-airport
2016年4月の台湾旅では羽田ー松山空港(Songshan Airport)の往復(JAL便)を利用しました。もうひとつ新しく大きな「桃園空港(Taoyuan Airport)」というのがあるけど、こちらは台北からかなり離れています。
 
松山空港はちょっと古くてお店もそんなに多いとは言えないけど、何より都心に近く、台北メトロでアクセスできる、というのが便利。台北の町中にある空港なので離陸時や着陸時には台北の街並みも飛行機からよく見渡せますよ。(上の写真中・右)
台北へ2泊3日の弾丸旅!というような時間に余裕がない場合は松山空港発着便を選択するとより長い時間台北で過ごすことができます。
 
taipei metro map
台北メトロに関しては上の路線図が参考になります。
 
 

今回の発見(Discovery)!

突然思い立って台北のまとめ記事を書いてみました。
日本からも楽々行ける外国、そして人が優しい、ご飯も美味しい台湾。その中でもいちばん活気のある台北は一度は行ってみたい都市。今回紹介したスポットなら短期間の旅でも余裕でまわれるところばかり。他にも見どころはいっぱいありますが参考になれたら幸いです。
 
ガイドブックならこちらなんかいかがでしょう

 

 

台湾旅ならこちらもどうぞ

【台湾】台北101は離れたところから眺めるのが一番!
【台湾】台北メトロでまわる台北の寺院5選(おすすめ3選)
【台湾】レンタカーで台湾を旅する時の注意点
【台湾】台北から日帰りで行ける九份はジブリファンでなくても楽しめちゃう
【台湾】世界に認められた台湾ウイスキー「カバラン(Kavalan)蒸留所」まで行ってみました
【台湾】古い街並みが懐かしい趣きのある「鹿港(Lukang)」へは夜に行くのがオススメ
【台湾】台中のモダンで居心地のいいホテル「TREEART HOTEL」はコスパ高し!
【台湾】異空間なLavender Cottage(薰衣草森林)はじめてガイド
【台湾】残念ながら高雄観光がオススメできない3つの理由
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, アジア, 台湾
-