【ドイツ】一番人気の観光地ノイシュヴァンシュタイン城5つの撮影スポット<保存版>

 
ドイツ観光の目玉といえばノイシュヴァンシュタイン城と言っても過言ではないでしょう。
ディズニーのシンデレラ城のモデルとなったとも言われる美しい城。ディズニー好きではないわたしですが、実は一度見てみたかったお城。長年の夢がかないました。今回はノイシュヴァンシュタイン城へのアクセスから写真好きな人のための撮影スポットまで包み隠さずお話します!

 

Advertisement

ノイシュヴァンシュタイン城へのアクセス方法

scwangau5
日本人観光客が多いことがうかがえる看板です。
 
 
ドイツの観光街道のひとつであるロマンティック街道の終点に位置するノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ語:Schloss Neuschwanstein)は、バイエルン王であるルートヴィヒ2世によって19世紀に建てられたお城です。
(ルートヴィヒ2世に関してはこちらの記事に詳細を書いています。)
 
あまりにも有名すぎるノイシュヴァンシュタイン城ですが、ミュンヘンからも日帰りで行くことができるのでミュンヘンを起点にしてこちらへ向かう人が多いようです。城のある町ホーエンシュヴァンガウへのアクセス方法としては3種類あります。

1. ツアーに参加する
2. ミュンヘンから電車+バスを利用する
3. 車(レンタカー)を利用する

1のツアーはこちら(VELTRA)をご参照ください。一番高くつきますが、気楽だし、日本語解説ありだし、食事がついているツアーもあるし、と至れり尽くせりなのがいいですね。
 
2の電車+バスですが、ドイツ鉄道(DB)が出しているバイエルン州内1日チケットを利用するとかなりお得です。
例えば、ミュンヘンから最寄りのフュッセン(Füssen)までの鉄道片道チケットだけで20-23ユーロかかります。(時間帯でチケット料金が変わるため)でもこのバイエルンチケットは1人分23ユーロ。一度に5人分まで購入でき、1人増えるごとに4ユーロずつ値上がりしますが、1人あたりで割るとかなり安くなります。このバイエルンチケットだとバスも使えるのでバス代(2ユーロ)を余分に払う必要もなし。1人分だけでも最低21ユーロもお得になります。
詳しくはドイツ鉄道のこちらのページ(英語)をご参照ください。
 
英語・ドイツ語に自信がない方は、レイルヨーロッパジャパンを利用するといいでしょう。ドイツ鉄道ほどお安くはなりませんが、日本語で予約購入ができるので安心感がグンと上がります。



 
3の車は左ハンドル、右側通行に抵抗がない人なら大丈夫。麓の町ホーエンシュヴァンガウには駐車場(有料)もいくつかあります。
(pdf地図がこちらから閲覧できます)
地図に「P4」と書かれた第4駐車場が大きいし、ノイシュヴァンシュタイン城の眺望スポットへ行くバス停やホーエンシュヴァンガウ城にも近いのでおすすめです。わたしたちは偶然こちらの第4駐車場を利用しました。料金は先払いで6ユーロでした。
 
hohenschwangau1
こちらがホーエンシュヴァンガウ城。ノイシュヴァンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世が幼少時期を過ごした城です。
 
 

ホーエンシュヴァンガウから城へのアクセス

麓の町ホーエンシュヴァンガウの観光局前に手作り感たっぷりながら分かりやすい地図が貼ってありました。
 
scwangau4
城へ通じる道は1本しかないし、よっぽど早かったり遅かったりしないかぎり人が城に向かって歩いているので迷うことはないかと思います。城の内部に入りたい人は麓にあるチケットセンターでチケットを購入してください(大人1人12ユーロ)。城の入口でチケットは購入できません。観光客の多い夏の時期だとチケットセンター前には長蛇の列ができる(わたしたちが訪れた日も多くの人が並んでました)ので、それを避けたい人はこちらのサイトでネット予約することもできます。
(ちなみに2017年からノイシュヴァンシュタイン城の入場料が13ユーロに値上げされます。詳しくはこちら。)
 
麓から城までのアクセス方法はこちらも3つの方法があります。

1. 徒歩
2. バス
3. 馬車

1の徒歩は個人の脚力にもよりますが、麓から15分から30分で城に到着できます。その後、眺望スポットまでは城から徒歩10分から15分かかります。
 
2のバスは城には行かず、眺望スポットまで直行します。城まではバス停から徒歩10-15分かかります。
料金は、片道行き(のぼり)が1.80ユーロ。片道帰り(くだり)が1ユーロ。往復だと2.60ユーロです。
 
3の馬車は城から少し下ったところまで行けます。
料金は、片道行き(のぼり)6ユーロ。片道帰り(くだり)3ユーロで往復チケットはありません。
 
わたしたちは行きは歩き、帰りは面白そうだからと馬車に乗りました。
 
horse-carriage
乗せられるだけ人を乗せるのでかなりキツキツ。愛犬かなちゃんの料金はとられなかったけど、かなちゃんの場所はわたしの足の上で窮屈でしかなく、歩いた方が快適でした。行きの登り道もそれほど急な坂でもないので20分ほどで城に到着できました。(ちなみにわたしたちは歩くのは早い方です。)
 
 

ノイシュヴァンシュタイン城の撮影スポット

さてノイシュヴァンシュタイン城を訪れる人がしたいことのひとつは城の写真を撮ることではないでしょうか?わたしもその一人であります。(夫(写真家)は訪れた日のような晴れ渡った条件は好まないので愛犬のお守役に徹してました。ww)
ノイシュヴァンシュタイン城の撮影ポイントはいくつかあります。

1. シュヴァンガウにある聖コロマン教会付近からの遠景
2. ホーエンシュヴァンガウの観光局付近からの遠景
3. 城に向かって歩いて行く途中で見える風景
4. マリエン橋からみる近景;定番ですが一番オススメ!
5. テーゲルベルク山に登るロープウェイから見える遠景

順番にみていきましょう。
1の聖コロマン教会(St. Coloman)は車利用の人におすすめなスポットです。ミュンヘン方面から車で向かうと城へ行くために左折する場所がありますが、その左折後の右手に見えるのがこの聖コロマン教会です。
 
scwangau1
この教会自体もロケーションがいいので写真撮りたくなる教会です。
そしてこの左手を見ると、、、
 
scwangau2
丘の上にたつノイシュヴァンシュタイン城!ってかなり遠い!?
望遠レンズが必要にはなりますが、最初にお城が見えるポイントでかなり興奮しちゃいます。


2の観光局付近からの眺めはもう少し近くに城が見えます。
 
scwangau3
レストランの壁画がきれいだったのでそちらにフォーカスしちゃいましたが、望遠レンズがあればもっと近くに見えます。城まで歩けないとか時間がないという人は麓からもちゃんと見えます。
 
3の城に向かって歩いて行く途中で見えるというのはこのような感じです。
 
neuschwanstein1
麓から登り初めの頃にみえるノイシュヴァンシュタイン城。
 
neuschwanstein3
マリエン橋に向かう途中(=マリエン橋から城へ向かう途中)に見えるノイシュヴァンシュタイン城。
 
hohenschwangau2
城へ向かう途中のパノラマはこのような感じです。ホーエンシュヴァンガウ城が見えます。左手にある湖はアルプ湖(Alpsee)。この湖からもホーエンシュヴァンガウ城とノイシュヴァンシュタイン城の両方をのぞむことができます。ここも撮影スポットですね。
 
ちなみにお城のそばからの撮影だとどうしてもこうなってしまいます。
 
neuschwanstein2
 
neuschwanstein6
個人的にはノイシュヴァンシュタイン城は少し離れて全体を見た方がより美しく見えると感じました。
 
4のマリエン橋(Marienbrücke)から見るノイシュヴァンシュタイン城が定番ですが一番オススメです。徒歩で城に登るとそこからまた10-15分ほど歩かないといけないですが、ここまで来たなら歩いてください!元はとれます。ww
 
neuschwanstein5
一番最初と上の写真がそのマリエン橋から見えるノイシュヴァンシュタイン城です。お城のサイドが見える角度ですね。ここは観光客が一番楽にたどり着け、全景が見える一番近いスポットです。なので、、、
 
marienbrucke2
橋の上はこんな感じ!たまたまツアー客がドッと押し寄せたこともあって大変なことになっていました。
 
marienbrucke1
このマリエン橋は城の建設中にルートヴィヒ2世によって鉄製の橋に作り替えられていたんですね。
 
最後のテーゲルベルク山(Tegelbergbahn)に登るロープウェイはスキー場に向かうケーブルカー。でもスキーをしなくても利用可能です。ただしロープウェイを降りた後、山の上からは城は見えないので、ロープウェイの中から撮影することになります。
こちらのブログを参照しました。)
 
お城のそばにあるお土産屋さんで見たポストカードを見ると、マリエン橋から撮影されたものではなく、赤茶色の部分がある正面をのぞむ角度から撮られているものがほとんど。この角度から城を見たい人はこのロープウェイからだと見えるようです。
 
postcards
多くのポストカードは正面から見たノイシュヴァンシュタイン城です。
このロープウェイを利用したい場合は、1でお話した聖コロマン教会を過ぎた後左折すると行けます。詳しくはこちらをご参照ください。
 

 

あまりおすすめでないホテルのカフェ

ノイシュヴァンシュタイン城の麓の町であるホーエンシュヴァンガウは世界中から観光客が押し寄せて来るのでホテルやレストラン、カフェは多くはないけどいくつかあります。その中でも賑やかそうなホテル内のカフェに入りました。
 
hotel-muller-cafe
城へ向かう馬車が発着する場所がこのホテルミュラー(Hotel Müller)の真ん前なので場所は分かりやすいです。ただなんでしょう。黙ってても観光客が入ってくるからなのか、お店の人の感じはよろしくありません。カフェ利用するなら他にもあるのでこちらを避けて別のカフェに行くのをおすすめします。
 

ノイシュヴァンシュタイン城観光のご参考に

ホーエンシュヴァンガウ観光局https://www.hohenschwangau.de/430.html
 

 

今回の発見(Discovery)!

写真好きなのでノイシュヴァンシュタイン城の撮影スポットを中心にお伝えしました。行く前に撮影ポイントを検索していたら、山登りをするというツワモノさんもいるようで驚きました。わたしはそこまでアドベンチャーではないので、マリエン橋から見ただけで十分満足でした。山や湖に囲まれたロケーションに建つノイシュヴァンシュタイン城。死ぬまでにみたい景色というようなランキングにいつもランクインしていますが、実際目にしてその理由が分かりました。本当に美しいです。寒いだろうけど、雪化粧をしたノイシュヴァンシュタイン城も見てみたいな〜。
 

ドイツ南部・ミュンヘン近郊の旅はこちらからもどうぞ

【ドイツ】手の届く贅沢を味わえるシュタルンベルク湖畔のホテル
【ドイツ】華やかなシュタルンベルク湖での見どころ:Part2
【ドイツ】華やかなシュタルンベルク湖での見どころ:Part1
【ドイツ】アマー湖畔で泊まるならココしかない!朝食が素晴らしすぎるホテル
【ドイツ】ビオとグルテンフリー先進国なドイツはパラダイス!?
【ドイツ】ミュンヘンはオクトーバーフェストで盛り上がる時期に行くのが一番?
【ドイツ】ドイツ人によるドイツ人のためのリゾートで休暇を過ごしたら?
【ドイツ】犬好き必読!質問攻めの人気ぶり?愛犬とのドイツ南部旅
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, ドイツ, ドイツ, ヨーロッパ
-, ,