【広島】神秘的な宮島は厳島神社だけじゃない!弥山にも登ろう!

2017/07/23

 
2014年6月。
京都からのぞみで1時間40分ほどで到着した広島。わたしたちにとって初めての広島は雨模様。1泊だけの滞在だけど見たいところは満載な広島。最低でも宮島と原爆ドームは行きたいところです。
まずは真っ先に向かった宮島でのお話から。

 

Advertisement

広島駅から宮島へのアクセス

王道:JR山陽本線で宮島口まで(約25分)、その後はフェリー(10分、片道180円)で宮島。
格安:広島電鉄(路面電車)の1日乗車券を購入(電車のみは600円・宮島フェリー+電車は840円)。ただ宮島口まで45分ほどかかります。
楽々:平和公園から宮島へ乗り換えなしで行ける高速船(片道2000円・往復3600円)。(広島駅から原爆ドームへ路面電車で移動する必要あり)
 
時間とコストを考えて王道コースを選択しました。
厳島神社の大鳥居が水につかった状態(つまり満潮時)が見たかったので、潮見表をチェックしておき、当日は昼の13時ごろが満潮なのでその時間に間に合うように到着したかったので。時間がある人は他のアクセス方法、特に高速船で広島からクルーズしながら宮島に行くのは面白そう。
 
 

なぜか弥山(みせん)へ直行

miyajima-manhole
宮島で見かけたマンホールの蓋。さすが紅葉の名所!
 
さて、宮島に到着したわたしたち。満潮時間を考えたらすぐに厳島神社に向かった方が賢明なのに、先に弥山に登りたいと言う夫(写真家)
 
「いいのよ、わたしはどっちでも。後で乾いた状態の鳥居を見てがっかりするのはあ・な・た。」
 
と内心思いながら、宮島ロープウェイの登り口へ向かいました(看板頼りに)。おみやげ屋さんがひしめき合う商店街を通り抜けた後、少し歩くとロープウェイ乗り場行きの無料バスのバス亭があったけど、せっかくなので歩いて行くことに。歩いてよかったのが、
 
miyajima-ryokan
こんな趣きある旅館や
 
miyajima-momiji
紅葉谷公園と呼ばれる文字どおり紅葉に囲まれた公園を通り抜けられたこと。秋は紅葉が綺麗なんだろうな〜。
 
ロープウェイは、わたしは往復乗車券(1800円)を、夫は片道乗車券(1000円)を購入。
というのも帰りは彼、歩いて降りて来たいとのこと。わたしは雨も降ってたし、歩いて下山だなんてとんでもない!ということで当然の往復乗車券。
 
宮島ロープウェイは最初小型ゴンドラで10分ほど乗り、その後大型ゴンドラに乗り換え5分ほどで到着。でも山頂へはそこから30分ほど歩かないとたどり着けない!雨も強くなり、風まで出てきていたので寒いぐらいだったけど、そのままロープウェイに乗って帰るのも料金を考えるともったいないので歩きました。
 
misen-scenerary
弥山頂上付近にはいくつかのお堂があり、雨で霧がかっていたこともあって、より神秘的な雰囲気を醸し出していました。くぐり岩などの奇岩怪石があったり(写真中)、弥山本堂には「消えずの火」と呼ばれる1200年燃え続けているという弘法大使がともしたと言われる火がある霊火堂もあります(写真左上)。
 
top-of-misen
弥山から眺める瀬戸内海。
 
天気がいいと見晴らしもよく別の楽しみ方もあるのでしょうが雨の日もそれなりにいいものです。(人があまりいないというのがよかったのかも?)
 
misen-jizo
帰り道ではこんなお地蔵さんにも巡り会えました。
 
 

宮島のおすすめカフェ

弥山めぐりの途中で夫と分かれ、ロープウェイで難なく戻って来たわたし。ロープウェイ乗り場に行く途中で見かけた素敵なカフェでかなり長居をさせていただきました。それはこちら。
 
sarasvati-cafe
カフェの外観(写真左下)からしてステキなんですが、中に入るとコーヒー豆(写真左上)がお出迎えしてくれます。ちょうど1階席が満席だったので、2階席へ案内されました。
 
写真右:自家焙煎珈琲がメインのカフェなので、普段はコーヒーを飲まないわたしも浅煎りで軽めのテイストのコーヒーをいただきました。ここではケーキセットをいただくのが一番。注文したのは抹茶シフォンケーキ。グリーンのもみじが添えられているのが宮島らしくて素敵です。弥山山頂付近を1時間近くは歩いた後だったので、疲れた体に染み入る美味しさでした。
 
sarasvati-upstairs
案内された2階には誰もおらず、その後も誰もやって来ず。特等席と思われる窓際の席からは厳島神社の五重塔が見え、時折鹿も通り過ぎたり、と楽しすぎ!
 
そう宮島には奈良のように鹿があちこちにいるんです。(行くまで知らなかった、、、)
 
miyajima-deer
あちこちで見かけた鹿は可愛かったな〜。
 
話がそれましたが、カフェの素晴らしい空間をひとりで1時間以上も独占!お店のサイトをみると、カフェスペースは大正時代から残る土産物卸問屋の倉庫を改築したんだそう。このカフェのまわりの建物も似たような古き良き時代から残る建築物でこの通り一帯がいい雰囲気です。
 
こちらのカフェは宮島に4店舗、宮島口に1店舗を持つ「伊都岐(いつき)珈琲」が運営する直営店のひとつ「sarasvati」。観光地にあるカフェらしくない普段使いできそうな居心地のいいカフェでした。
 
Sarasvati
廿日市市宮島町407
営業時間:8:30-19:00(無休)
http://itsuki-miyajima.com


 
 

宮島観光のメイン:世界遺産「厳島神社」

itsukushima-shrine5
1時間以上カフェで夫の到着を待った後、ようやく厳島神社へ。神社には珍しく拝観料(300円)がかかりますが、常にメンテが必要な神社だと思うので仕方ないでしょう。
 
itsukushima-shrine3
 
itsukushima-shrine4
降り続く雨の中、もう夕方6時ごろだったにもかかわらず観光客はかなりいました。そして写真を見ていただくとおわかりでしょうが干潮ぎみ・・・。
 
itsukushima-shrine2
大鳥居のまわりは全く水がないわけではないけど、歩いていけるほどの乾き具合。実際鳥居まで歩いている人もちらほら。
雨が降っていて靄がかかっている状態とはいえ、本州側を向いて建っている大鳥居のバックグラウンドは様々な建物も見えて、あまり美しいお姿とは感じず。
やはり真っ先にこちらへ来なかったのがいけなかったですね。潮見表でチェックした意味なかった。ww
 
厳島神社の詳細はこちらのサイトをご参照ください。
宮島観光公式サイトhttp://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/
 
 

今回の発見(Discovery)!

2016年10月広島を通り過ぎた時、「そういえば広島楽しかったよな〜。」と思い出しながら、旧ブログ記事を加筆修正しました。
 
実は弥山から徒歩で下山した時、夫の大事なカメラが壊れちゃいまして。
そんなこともあったから、彼、厳島神社では気が沈みがちだったのです。
それでも弥山で目にした光景は素晴らしいものだったようで、弘法大師ゆかりの大聖院は特に素晴らしかったとのこと。
個人的にも厳島神社より弥山の方が強く印象に残りました。弥山いいですよ〜!
 

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, 中国, 日本, 日本
-, , ,