【お知らせ】日本の美しい海岸線風景をテーマにした写真展が開かれます → <盛況のうちに終了しました!>

2017/10/02

 
夫(写真家)の新しい写真展のお知らせです。
 
*注:こちらの写真展は既に終了しています(2016-11-30)。

 

Advertisement

「海」がテーマの写真展

夫婦で切り盛りしている日本各地の美しい風景を撮影したサイトである「Japan Preview Magazine」。
 
そのJapan Previewのフォトグラファーでもある彼の個展が11月5日から26日の期間、ジュネーブ(カルージュ)にて開かれます。テーマは主に日本の美しい海岸線の風景。アジア諸国で撮影した海岸線風景も含まれます。
 
芸術の秋、モノクロのアートを楽しんでみませんか?
 

伯父による題字

flyer
トップの写真にもあるのは写真展用に作成されたフライヤーです。上の写真はフライヤーの表と裏。ジュネーブ(カルージュ)にあるギャラリーなのでフランス語表記で失礼します。
 
注目していただきたいのは写真の横にある題字です。
日本人でも読みにくいかもしれませんが、「」と書かれた書。
こちらは私の伯父に書いていただきました。以前も「水鏡」という書を書いてもらい写真集や写真展でも使わせてもらいました。旧ブログのこちらの投稿を覚えている方ももしかしていらっしゃるでしょうか?
 
ちなみにですが、「おじさん」には2種類の漢字がありますよね。ちゃんと理解していなかったのでググってみました。すると、
 

伯父:父、または、母の兄
叔父:父、または、母の弟
 
伯母:父、または、母の姉
叔母:父、または、母の妹

 
と年齢による違いで漢字が変わるとのこと。伯父は私の父親のお兄さんなので伯父さんなのです。ひとつ勉強になりました。(旧ブログの投稿の漢字は間違いです。)
 
「水鏡」の時から伯父の書のファンになった夫(写真家)はこの「海」以外にもいくつもの書を書いてもらうようおねだりしてます。忙しい中、伯父もその期待に応えて書いてくれるので本当にありがたいこと。ジュネーブというかフランス語圏の人は日本文化に興味がある人が多いのでこの書も同時に気に入ってもらえると嬉しいです。
 

カルージュの老舗ギャラリーにて開催

今回の写真展が開かれるのはカルージュという文化度の高いエリアにある老舗ギャラリー「Krisal Galerie」。ジュネーブ界隈の写真業界で知らない人はいないという有名ギャラリーとのこと。そのような素晴らしいギャラリーで写真展をしないかとお誘いを受けただけでも嬉しいもの。
 
そしてスタート日の11月5日はカルージュにある他のギャラリーと連携したイベント「Art7」のスタートでもあるとのこと。アート好きな方はこの日カルージュでのギャラリーをはしごして楽しむことができますよー!
 
また11月5日にはオープニングも開かれますので、ジュネーブ近郊の方、またはその頃偶然ジュネーブに来られる方などなどお気軽にお越し下さい。お待ちしております!
 
 
Krisal Galerie
25, rue du Pont-Neuf, 1227 Carouge, Switzerland
Tel: +41 22 301 21 88
写真展会期:11月5日から26日
時間:14:30-18:30(火ー金曜日)、13:30-17:30(土曜日)
11月6日(日)は午後オープン。サイン会も同時開催。
http://www.krisal.com


 
【2016-11-30追記】
krisal-galerie
11月26日、盛況のうちに写真展終了しました。
期間中足を運んでくださった皆様どうもありがとうございました!
上記Krisal Galerieにて12月中はギャラリーコレクション展示として、夫の作品も3点展示されることとなりました。お見逃しされた方はクリスマスマーケットでも盛り上がるカルージュへどうぞお越しください!
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Announcement, お知らせ
-,