【シンガポール】様々な文化を楽しめる多様性のあるユニークな小国

2016/08/25

 
公用語が4つもあるシンガポール。(英語・中国語・マレー語・タミル語)
この事実だけでもシンガポールが多様性のある国だと分かります。実際に訪れてみると、多様な人種・多様な文化をあちこちで感じます。こんな一面もシンガポールを気に入った一因かも?
 
今回は滞在中見つけたシンガポールの多様性についてのお話です。

 

Advertisement

シンガポールの中のアラブ文化

公用語が4つもあるシンガポール。その中でも国語はマレー語とのこと。マレー人はシンガポールの原住民なのでそれも当然。
マレー人は全人口の13%強で2番目に大きな民族グループ。(1番は人口の74%を占める中国系。)
そのマレー系シンガポール人の多くはイスラム教徒なのでいくつかモスクがあります。その中のひとつである「スルタン・モスク(Sultan Mosque)」に行ってみました。
 
arabstreet1
レストランやショップ、ヤシの木並木の奥にあるので宗教的施設というより、テーマパークっぽく見えなくもないですが、5000人もの信者を収容できるシンガポール人最大のモスクです。でもモスク周辺にも屋台が立ち並びお祭りっぽい平和な雰囲気が漂っていて誰でも気軽に行くことができます。今は残念ながらイスラム教の国を訪れるのがためらわれる状況なので、モスクという建築物が好きな人(=わたし)でも臆することなく行けるスルタン・モスクはありがたい。
 
このイメージ、実はインスタグラムで何度か見かけて撮ってみたい構図だなと思っていたので撮れて嬉しいです。ただ大概の人が位置設定をアラブストリート(Arab Street)としていたけど、正確にはブソラストリート(Bussorah Street)からの構図です。アラブストリートはこんな感じです。
 
arabstreet2
飲食店ではなく服飾店がならぶ通りでした。
 
arabstreet3
店の看板も読めないものが多かったような。
 
arabstreet5
サイドからみたスルタン・モスク。
信者以外でも中に入ることはできるようですが、訪れた時はたまたま入ることができない時間帯でした。でも外観を見られただけでも充分満足。最寄りのMRT駅はブギス(Bugis)駅になります。夜はライトアップされるようなのでまた違った美しさを見せてくれます。
 
スルタン・モスク
3 Muscat St Singapore 198833
Tel: (65) 6293 4405


 
 

シンガポールの中の中国文化

チャイナタウンは日本にもあるし、世界中どこにいっても見かけますが、シンガポールのチャイナタウンもやっぱり見ておきたい。ということで最後の最後に行ってみました。
chinatown3
チャイナタウンへ向かう時はタクシーだったので、サウス・ブリッジ・ロード側から入りました。
 
chinatown4
中国らしいランタンが飾られています。
chinatown9
別の通りでもこんな感じでランタンづくし。そして全世界どこのチャイナタウンもそうでしょうが、たくさんのレストランが軒を並べていました。そしてどこもたくさんのお客さん。観光客向けっぽいお店もあるけど、どこも美味しそうな香りが漂ってました。
 
チャイナタウンに行きたかった理由はこちらの寺院を見たかったから。
 
chinatown6
仏牙寺(英語:Buddha Tooth Relic Temple)です。英語訳がそのまんまなので分かりやすい。ただ到着するのが遅かったので既に閉まってました。仕方ないので外から眺めることに。
 
chinatown5
扉が印象的な入口。
 
chinatown8
全体像(といってもホントの全体は入りきらず、)はこんな感じです。道を渡って撮ればよかったんですが、結構交通量が多くて。
 
chinatown7
山門前にあった仁王像のひとつ。ライトアップされてたのはありがたかったです。
MRTの最寄り駅はチャイナタウン駅になります。
 
仏牙寺龍華院博物館
288 South Bridge Rd Singapore 058840
Tel: (65) 6220 0220
ウェブサイト:http://www.btrts.org.sg


 
 

シンガポールの中のインド文化

最後にほんの少しだけシンガポールにおけるインド文化の紹介です。
実は宿泊したホテルがリトル・インディアのそばでインド文化に触れる機会はすぐそばにあったんですが、近すぎてというか時間がなくてリトル・インディアには行けませんでした。なのでインドらしいものを見たのは実は上記のチャイナタウンにて。
 
chinatown1
チャイナタウンの入口、サウス・ブリッジ・ロードに面して建つヒンドゥー教寺院「スリ・マリアマン寺院(英語:Sri Mariamman Temple)」。1827年に創設されたシンガポールでいちばん古いヒンドゥー教寺院です。
 
chinatown2
それにしてもたくさんの人をかたどった彫像が塔の上に並んでます。少し離れたところからでも目を引く寺院。といいながら中には入らなかったけど。頭の中がチャイナタウンモードに入ってたのでインド文化にまで気が回らなかったんです。でもここも有名な観光地のひとつだし、入場無料なので興味がある方はぜひ中にも入ってみてください。
 
スリ・マリアマン寺院
244 South Bridge Rd Singapore 058793
Tel: (65)6223 4064


 
 

今回の発見(Discovery)!

全部事前に調べていたスポットだったので発見という感じではありませんでしたが、やはり見慣れないモスクが印象的でした。黄金に輝くモスクといった風情で立派な建物。イスラム文化や美術に興味があるのでもっといろんなモスクみたいんですが、昨今の情勢だと難しいかな?
なのでシンガポールという治安のいい安全な国で様々な異文化を体験できるのは本当に嬉しいこと。シンガポールを訪れた際はその多様性も楽しんでください。
 

シンガポール旅行に役立つサイト

Your Singapore: http://www.yoursingapore.com/content/traveller/ja/experience.html
 
こちらもよろしかったらどうぞ
【シンガポール】行かないと損するセントーサ島
【香港】人気の離島 長洲(チュンチャウ)島は自然も文化もグルメもありの楽しい島です
【香港】ガイドブックには載っていないショウケイ湾地区は新旧入り混じる面白スポット
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, アジア, シンガポール
-