はフランス屈指のヴァカンス地'>

【フランス】コートダジュール(Côte d'Azur)地方選りすぐりの3つの町

 
コートダジュールってなんていい響きなんでしょう!
日本語で紺碧海岸とも称されるコートダジュール(Côte d'Azur)はフランス屈指のヴァカンス地。太陽に愛されるこの地域はフランス人だけじゃなく世界中の人を魅了するエネルギーがあり、実際毎年夏の季節はここへ向かう大渋滞が毎週末起こるぐらい。
 
そんな多くの人を惹き付けて止まないコートダジュール。時間の都合であまり多くの町や村を周ることはできなかったけど、その中でも選りすぐりの3箇所をご紹介します。

 

Advertisement

人気の愛らしい海岸線の町カシス(Cassis)

 
厳密に言うとカシス(Cassis)はコートダジュール地方には入らないようですが、その辺はちょっとした誤差ということで。
位置的にはマルセイユの東側。マルセイユからバスや船でアクセスできる、これぞ紺碧色の海岸があります。(最初の写真)
 
cassis2
最初の写真とすぐ上の写真はカシスの町の外れにある「Cap Canaille」という断崖絶壁から撮ったもの。ここはフランスの海岸沿いにある崖の中でも一番標高の高い崖なんだそう。そこからの眺めはまさに絶景。海の色もコートダジュールの名前のまんま本当に紺碧色してます。
 
マルセイユとカシスの間にはカランク国立公園があり、その海岸線はフィヨルドのように険しい入り江となっていて、そこを巡る遊覧船もあります。45分から1時間50分の4種類のボートクルーズがあるのでお好みや時間で選べますよ。
 
カシス遊覧船に関して詳しくはこちらhttp://www.cassis-calanques.com
 
カシスの町の様子はというと、
 
cassis4
華やかなビーチ前にはレストランやショップが並びます。小さいけど優雅で余裕を感じる街並みです。
 
cassis3
訪れた時は7月のはじめ。すでに夏休みシーズンということもあり、多くの人で賑わっていたビーチ。オンシーズンだとフランスの地中海沿いのビーチは日本みたいにすし詰め状態になるんですね。
 
カシス産の白ワインは有名なので、白ワインとシーフードという食事をするのも良さそう。何も食事をせずカシスを離れてしまったことが心残りです。
 
カシス旅のご参考に(英仏独語):http://www.ot-cassis.com


 
 

香水で有名な街グラース(Grasse)

 
グラースへはわたしの希望で立ち寄りました。
香水産業が盛んなことで有名なグラース。その香水に関する美術館もあるので行ってみたかったのでした。
 
grasse
左:真ん中の黄色い建物がフラゴナール美術館という香水に関する展示やガーデンが見られる。
中・右:グラースの街並み。
 
香水作りに強い興味があったわけではないけど、エッセンシャルオイル(精油)をつくる方法のひとつである水蒸気抽出法の展示を見たいというのが第一の目的でした。英語での説明があったのでかろうじて理解できたかな?というレベルでしたが、興味深いものでした。
 
美術館内にはショップもあって香水をはじめあれこれお土産になりそうなものもあったけど、ここの香水の香りはわたしにはキツすぎてダメでした。香りは人それぞれ好みがあるからお土産にするのも難しいですよね。わたしは香りのあるものはプレゼントにはしないようにしています。
 
Villa-Musee Jean-Honore Fragonard
23 boulevard Fragonard, 06130 Grasse
Tel: +33 (0)4 93 36 52 98
ウェブサイト:http://www.museesdegrasse.com


 
グラース旅のご参考に(英仏独伊語):http://www.grassetourisme.fr
 
 

丘の上の小さく愛らしい村トゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)

 
最後日の宿の近くにあり、帰りがけに立ち寄った内陸の小高い丘の上にある小さい村だけど、どの路地裏にもカメラを向けたくなるような可愛らしいところで一瞬にして気に入りました。
 
tourrettes1
トゥーレット・シュル・ルーの全景。この感じからして期待できそうな村だと感じます。
 
スミレの花の産地で香水の原料の他、シロップにも使われるようでスミレジャムもたくさん売られてました。もっと時間をかけて見回りたかったですが致しかたない。時間の限り歩き回りました。
 
tourrettes2
 
tourrettes3
 
tourrettes4
 
tourrettes5
 
tourrettes6
どうでしょう?どこを見ても何かしら目を引くものがあり、写真撮影とまらないー。とっても小さい村ですが、お店もそれなりにありお茶するところもありで、ゆったりした時間を過ごしたくなる村です。今回紹介した3つの町のなかでもイチオシなトゥーレット・シュル・ルーです。
 


 

今回の発見(Discovery)!

カシス、グラース、トゥーレットとどこも魅力的なんですが、前述したとおり最後のトゥーレット・シュル・ルーがとても愛らしい素朴な村ですごく気に入りました。特に女性は好きになると思います。車以外でのアクセスが難しいところですがぜひ訪れてみてください。
 
コートダジュール情報もこちらに載ってます

 
こちらもよろしかったらどうぞ
【フランス】ゴッホが魅せられたアルルの町と「夜のカフェテラス」のモデルカフェ
【フランス】プロヴァンス地方おすすめの村4選
【フランス】プロヴァンスで最も美しく有名な村ゴルド(Gordes)へはアヴィニョン経由で
【フランス】リヨンに程近い中世の町ペルージュ(Perouges)は見逃せない!
【フランス】秋雨降るフランス第二の都市リヨンでの数時間
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, フランス, ヨーロッパ
-