【台湾】異空間なLavender Cottage(薰衣草森林)はじめてガイド

 
旅先ではその土地らしいスポットを求めてまわるタイプのhisayoです。
でもたまに道を外れます。そんな時、面白い発見があったりするから旅は楽しい。今回は予定には全くなかった苗栗(Miaoli)県にある明徳水庫というダム湖とその湖畔にある異空間なLavender Cottage(ラベンダー森林・薰衣草森林)ガイドです。

 

Advertisement

苗栗県はどこにあるの?


台中の北側、新竹市との間にある苗栗(Miaoli)県。訪れた明徳水庫はその中の頭屋郷(Touwu Township)にあります。
 
苗栗の観光に関する情報があまりない中、ひとつだけ見やすい分かりやすいサイトを見つけました。しかも日本語バージョンも充実もの。苗栗観光に興味がある方はどうぞご参考に。
 
苗栗文化観光旅行サイトhttp://miaolitravel.net/MainWeb/Main.aspx?Lang=3
 
 

明徳水庫は少し廃れた感のある観光地

台中への移動日に立ち寄りたいという夫(写真家)の希望で急遽向かった明徳水庫。車じゃないと行けないこのダム湖へ行き当たった際、かなり大きな駐車場があり、観光バスも何台か停まっていたので、「ココは人気の観光地なのか?」と軽く驚いたわたしたち。遊覧船などもあり観光地化されているようですが、何となく漂う廃れた感。その日の天気のせいもあったかも?
 
mdam lake2
写真の撮り手が違ったらもっとよく見えるんでしょうが、、、。
 
その他には、
mdam lake1
こんな吊り橋もあります。こちらはとある寺院へ向かう吊り橋。
 
mdam lake3
一応渡ってみました。揺れるは揺れるけど作りがしっかりしてるので大丈夫。ただこの先にあるとある寺院はイマイチでした。(名前も忘れちゃった。)
 
 

明徳水庫湖畔にあるLavender Cottage(薰衣草森林)

 
ダム湖を車でまわる間、何度も目にした看板。小さなものから大きなものまで。「薰衣草森林・Lavender Cottage」と漢字と英語の2種類で書いてある。
 
それを見て「台湾でラベンダーなんて育たないよね〜?」とどこまでも疑うわたしに、「面白そうだから行ってみよう!」と夫(写真家)。
 
実は看板を見てずっと気になってたけど、行こうよ、とは言えなかったわたし。夫も「台湾でラベンダー」に関して訝しげだったようだけど、冷やかし気分で行ってみてもいいかも?と思って行こうと決めたそう。
 
lavender cottage1
駐車場から入口に向かうとこのような看板が。そして入口へ行くと受付のお姉さんがいて、入場料NT$100かかるって!でもお姉さん何かわたちたちに伝えたいようだけど、中国語オンリー。続いてやって来た若いカップルが少しだけ英語が話せるようで、「クーポン、クーポン!」と。
 
要は入場料はクーポンとして中で使えるということを伝えたかったみたい。一生懸命伝えようとしてくれた受付のお姉さん&カップルさんありがとう。
 
このLavender Cottage、中はけっこうメルヘンな世界が広がってます。写真を何枚か。
 
lavender cottage3
最初の園内でいちばん大きなカフェの入口。
 
lavender cottage7
主役のラベンダーは最初と上の写真にあるようにまばらな咲き具合。まだ時期が早かったのか、これが台湾で育つラベンダーの限界なのかはわかりません。その代わりと言ってはナンですが、小道具でメルヘン演出を頑張ってる感じでした。
 
lavender cottage4
こういうコーナー作りとか。
 
lavender cottage5
ショップの入口も可愛らしくカラフルなミニベンチで飾られていました。
 
 

園内のショップやカフェはなかなかです

 
一応アロマセラピストの端くれなので、一番興味があったショップに入ってみました。
 
lavender souvenirs
やはり主役のラベンダーを使ったグッズが充実。ディスプレイの仕方も素敵だし、何よりショップ内の香りのおかげで幸せ気分になれます。
 
lavender cottage6
ラベンダーをはじめとしたエッセンシャルオイル(精油)もありましたが、品質がよくわからないのでスルー。で、気になったのは上の写真にもある2番人気の製品である香水。香水といってもとても軽いタイプのオード・トワレといった感じ。グリーンティーとティファニーという2種類で悩みましたが、ティファニーの方をお買い上げ。
 
どれにしようか迷っている間、店員さんたちが一生懸命英語でどんなブレンドか説明しようとしてくれて好感大でした。そして入場料分を差し引いてくれて差額のお支払い。そういったことも中国語を全く解さないわたしたちなんだから騙そうと思ったらいくらでもできるのに、ちゃんとしてくれるんですよね、台湾の人たち。こういうところも日本人に人気の観光地である理由なんでしょうね。
 
こちら商品のパッケージなど地元の人しかこないと想定されているためか全て中国語のみ。「そうか、思いっきりローカルな観光地に来てしまったんだな。」と思いながらも、ちょうど昼時でお腹もすいてたので園内にあるカフェでランチすることにしました。
 
カフェに入りようやく一人英語が流暢な店員さんがいました。おかげでここでだけはスムーズに注文などのやり取り完了。メニューは台湾らしいものはひとつもなく、全て洋風。
 
lavender lunch
左:ハーブティー。酸味が利いてて美味しかった!
中:シーフードドリア。ドリア食べたの20代前半以来??
右:ローストチキン。手で食べられるように薄手の手袋まで用意してくれました。
 
ランチを食べている途中で団体客がやって来て、カオスな感じになってきたので、早々に退散しましたが、台湾料理に飽きたらこんな料理でもいいんじゃないでしょうか?お茶だけでもできるし、団体客さんたちはソフトクリーム頬張ってました。
 
 
Lavender Cottage(薰衣草森林)
苗栗県頭屋郷明德村仁隆66-2号
Tel: +886 3 725 2000
営業時間:10:30 - 18:30(月-金)10:00 - 18:30(土日)
入場料:NT$100(園内でクーポンとして使用可)
アクセス:苗栗駅からタクシーで約30分
ウェブサイト:http://www.lavendercottage.com.tw (中国語のみ)


 
 

今回の発見(Discovery)!

何よりもこのLavender Cottage(ラベンダー森林・薰衣草森林)自体が発見でした。
このようないわゆるテーマパーク的な施設は当たり外れが大きいというか個人的嗜好によるところが大きいかと思います。なので万人受けはしないだろうし、特にここは女性向けな施設だと思います。
 
それと思いっきり中国語オンリーな環境なのでローカル向けな施設であることも事実。日本語も通じなそうな雰囲気でした。
 
それでもちょっと変わったところにも行ってみたいな、という方はぜひ。
 
こちらもよかったらどうぞ(台湾旅)
【台湾】台中のモダンで居心地のいいホテル「TREEART HOTEL」はコスパ高し!
【台湾】古い街並みが懐かしい趣きのある「鹿港(Lukang)」へは夜に行くのがオススメ
【台湾】世界に認められた台湾ウイスキー「カバラン(Kavalan)蒸留所」まで行ってみました
【台湾】台北から日帰りで行ける九份はジブリファンでなくても楽しめちゃう
【台湾】レンタカーで台湾を旅する時の注意点
【台湾】台北メトロでまわる台北の寺院5選(おすすめ3選)
【台湾】台北101は離れたところから眺めるのが一番!
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, アジア, 台湾, 台湾
-,