【台湾】台北から日帰りで行ける九份はジブリファンでなくても楽しめちゃう

2017/06/04

 
ノスタルジックな雰囲気を楽しみに台北からバスなどで簡単に日帰り旅ができるいうことで人気の九份(キュウフン・ジウフェン・Jiufen)。宮崎駿監督が「千と千尋の神隠し」のアイデアをここで得たという噂(あくまで噂だそう。)が広まってさらに人気沸騰。
 
時間がなくて台湾旅行で行けるのは台北だけ、という人もここはぜひ行っておくべきスポット。レトロな街並みや台湾茶を味わいに行きましょう!

Advertisement

九份へのアクセス

わたしたちはレンタカーをしたので車で行きましたが、公共交通機関でも行くことができます。そして多分そっちの方が楽。(細い山道だし、駐車場探す必要アリ)
 
電車でも行けるようですが、バスの方が台北の中心部から直通で乗り換えなしで行けるのでより楽かと思います。
 
台北メトロMRT「忠孝復興」駅(板南線・文湖線)を出たところにあるバス停から直通バス(1062番のバス)に乗ると約90分で九份に到着です。(台北ナビさんのこちらの記事を参考にしてください。)
 

10%OFFで夜の九份日本語ガイド付き観光ツアーができちゃう!
いろんな写真を見る限り、昼間よりも夜の方が雰囲気満点の九份。台湾旅行であまり時間がない人にもぴったりな台北を夕方出発し、21:30には台北に帰ってこられるという日本語ガイド付きのツアーです。これは利用しない手はない!?
 
詳しくは下のリンクをクリックしてください。
 
Voyagin: 10%OFF 夜の九份観光&夜市散策ツアー

 

レトロな九份の街並み

九份は雨が多い町だと言われているようで、ご多分に漏れずわたしたちが訪れた日もかなりの雨。アーケード街のはずなのに隙間が多くあちこちから雨漏りしてて油断なりません。傘をさそうとしても人が多くて難しい。ここでは傘よりレインウェアの方がよさそうです。
 
jiufen5
まず目に入ってくるのはアーケードになっているショッピングストリート。日本の観光地のお土産屋が並ぶ通りみたいな感じです。
 
jiufen6
日本っぽい感じもするけど、やっぱり違う。
 
jiufen4
この一画はアートでした。(結構何人もの人が写真撮ってました。)
 
jiufen street
右下の写真にあるようなモダンなお店もあるにはあるけど、大半はザ・台湾な感じのお店。でも食べ物はそんなところの方が美味しかったりするんですよね。
 
ちなみに右上にあるお店では何も食べてません。(だって、、ね〜 ww)
 
左側の写真はエリンギみたいなキノコをグリルしたもの。味はスパイシー(下)か、そうでないか(上)と聞かれたので1つずつ注文。スパイシーはホントにスパイシー!そうでない方は醤油味で食べやすく美味しかったです。
 
結構続くアーケード街を進んでいくとようやく九份らしい風景が目に入ってきます。
 
jiufen3
「九份」でググるとよく出てくるイメージのひとつ。
 
jiufen2
ここもイメージどおりの風景。人気の観光地なのでどこも人がいっぱい!
 
九份へはどこでもいいので台湾茶を飲みたくて行ったようなもの。実はジブリ映画を全く見ないわたし。なので千と千尋の神隠しの舞台になった(噂)と言われているお茶屋さんのことは全く知らなかったんです。
 
 

「湯婆婆の屋敷」のモデルとなったと言われる阿妹茶樓(あめおちゃ)

jiufen1
九份を歩いていると何軒かお茶屋さんを見かけるけど、ここが一番雰囲気がよさそうな気がしたので入ってみたんです。
 
そしたらここが千と千尋の神隠しに出てくる「湯婆婆の屋敷」のモデルとなったと言われる阿妹茶樓(あめおちゃ)というお茶屋さんだったようで。
 
やはり日本人観光客が多いからかお店の人は全員日本語を話しました。お店のお姉さんがメニューにあるいろんな種類の烏龍茶を説明してくれ、一番オーソドックスそうなのを注文。ついでにデザートも少し。
 
ameocha2
デザートはドライマンゴーと杏仁豆腐。杏仁豆腐を食べるのが初めてという夫(写真家)はあまりの美味しさに感激した模様。(わたしには食べ慣れた味でそれほど感動はしなかったけど、、)
 
oolong tea set
お茶の淹れ方がわからないと言うと、お店のお姉さんが最初だけ、と全部やってくれました。
 
ameocha1
こんな本格的な烏龍茶を飲んだのは初めて!茶葉の香りだけを楽しむ用の小さなカップがあったり、お茶を飲むカップ自体もかなり小ぶりでかわいい。味は少しクセがあってあんまり好みじゃなかったけど、雰囲気を味わうにはいいお店でした。
 
実はここが「湯婆婆の屋敷」のモデルだったと分かったのはこのポストカードを帰りにプレゼントされたから。
 
ameocha postcard
夜はまた違った雰囲気でよさそうな九份。
 
こちらの阿妹茶樓(あめおちゃ)では使い切れなかった茶葉もかわいい茶筒に入れてお土産として持たせてくれます。なんだか日本的なサービス。日本語で全てやり取りできるのも日本人にとっては楽でいいし。九份へ行ったらぜひこちらのお茶屋さんに行ってみてください。
 
 
阿妹茶樓(あめおちゃ)


 
 

今回の発見(Discovery)!

元々は行く予定にしてなかった九份。でもココこそ台湾らしい雰囲気を味わえそうな気がしたので直前になって行くことにしました。結果大正解!ジブリファンでないわたしでも「いい感じだな〜、九份。」と楽しめたところ。ファンなら狂喜乱舞するかも?
 
いろんなコーナーに発見があるレトロで懐かしい気分になる九份。ここは台湾イチオシの観光スポットです。
 

台湾の旅ならこちらも!

【台湾】台北101は離れたところから眺めるのが一番!
【台湾】台北メトロでまわる台北の寺院5選(おすすめ3選)
【台湾】レンタカーで台湾を旅する時の注意点
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Travel, アジア, 台湾, 台湾
-,