【京都洛東】京都最古の禅寺「建仁寺」で余白の美を感じる

 

京都の花街「祇園」の真ん真ん中にある建仁寺。周りの喧噪が信じられないほど落ち着いた空間が広がる寺院です。京都最古の禅寺である建仁寺には有名な絵画作品をはじめ、素晴らしい庭、静かにたたずむことができる場があります。
 
 

Advertisement

風神雷神図でいきなりノックアウト

臨済宗建仁寺派の大本山である建仁寺は1202年栄西(ようさい)禅師によって開山された京都で最古の禅寺です。ちなみに日本最古の禅寺は福岡にある聖福寺(1195年栄西創建)です。

拝観手続きをする本坊を入るといきなりこちらに出会えます。
sotatsu painting
俵屋宗達作、国宝「風神雷神図屏風」。落款も印章もないようですが、宗達作であることは疑いようがないとのこと。ちなみに通常展示されているこちらは高精細デジタル複製作品です(本物は京都国立博物館所蔵)。なのでフラッシュ禁止ではありますが撮影することができます。

2枚の写真はコラージュしてしまったので分かりにくいですが、風神は左端に雷神は右端に描かれ、屏風にはかなりの空間(=余白)があります。この余白があることでよりダイナミックな動きを感じる素晴らしい作品となっています。
 
 

落ち着く禅庭「潮音庭」

建仁寺本坊の中庭である潮音庭(ちょうおんてい)。中央に三尊石、その横に坐禅石を組み、まわりに紅葉を排した四方正面の禅庭です。確かにどの角度から見ても美しい、そして落ち着く庭です。

kenninji1

潮音庭全景。

kenninji2

 

 

kenninji4
中央にある三尊石(後ろ側の3つの石組み)と手前は坐禅石。三尊石とは仏像の三尊仏のように、中央に大きな石を、その左右に小ぶりの石を組む庭造りのスタイルです。

 
 

水墨画のような襖絵

kenninji slidingdoor
こちら確か本坊の襖絵だったと思うのですが、調べたら海北友松(かいほうゆうしょう)という絵師による山水画だそう。こういうモノクロで余白に美を感じる水墨画の良さがわかる歳になってきました。禅と山水画というのはいい組み合わせですね。

他にももっと有名な「雲龍図」「竹林七賢図」「花鳥図」がありますが、一番よかったのが山水図でした。
 
 

方丈前の枯山水庭園「大雄苑」

本坊の横にある方丈。その方丈の前に広がる枯山水庭園は大雄苑(だいおうえん)と称されています。
kenninji karesansui1

白砂が一面に敷き詰められ、端の方に少しだけ緑苔と巨岩、松の木があるこちらも空間(=余白)が重要な庭。「無」の境地にいたるにはこういった庭を眺めるに限りますね。瞑想するのにとてもよさそう。
 
 

法堂の双龍図にはただただ圧倒されます

方丈横にある法堂(はっとう)。そこには圧倒されるダイナミックさのある双龍図があります。
kenninji dragon painting
こちらは2002年の創建800年を記念した作品で小泉淳作氏による双龍図です。まさに圧巻。圧倒する迫力が天井から伝わってきます。寺院にある芸術作品としてかなり新しいものになりますが、もう長年そこにあったかのような雰囲気があります。同じ禅寺の妙心寺の雲龍図は撮影できませんが、こちらは全く問題なし。懐深いです、建仁寺!
 
 

ご本尊が撮影できる!

同じ法堂内には建仁寺の本尊である釈迦如来座像が祀られています。
kenninji buddha statues
京都の寺院に関わらず、本尊である仏像は多くの寺院で撮影禁止ですが、建仁寺では撮影できます。素晴らしい建仁寺!それだからか釈迦如来像がさらに神々しく見えます。
 
 

いかがでしたか?

建仁寺はパンフレットもサイトも見やすいつくりで、一般の参拝客をウェルカムする心をお持ちなんじゃないかという気がします。お寺、特に京都にある寺院は観光寺院という形のビジネスでもあるので、このような建仁寺の配慮は嬉しいです。さらに写真撮影に関してもおおらかな姿勢というのもありがたい。素晴らしい禅寺です。ぜひリピート拝観したいものです。最後にパンフレットにあったお言葉を引用します。

大いなるかな 心(しん)や

開山した栄西禅師の言葉で「人のこころは本来自由で大らかである」という意味。

 
 
建仁寺
京都市東山区大和大路四条下る小松町
Tel: 075-561-6363
拝観時間:10:00 - 16:30(3-10月)10:00 - 16:00(11-2月)
拝観料:500円
アクセス:市バス「東山安井」下車徒歩約5分 または「南座前」下車徒歩約7分
近くのスポット:歌舞練場、祇園花見小路、安井金比羅宮、高台寺、八坂の塔
ウェブサイト:http://www.kenninji.jp/index.html

 
建仁寺近くには他にもたくさんのスポットがあります
【京都洛東】京都旅行の定番!清水寺へ拝観するベストなタイミングは?
【京都洛東】初めて無鄰庵に行って感じたこと
【京都洛東】一度は時間をかけてじっくり回りたい哲学の道周辺寺院:銀閣寺、法然院、南禅寺
【京都洛東】もみじの永観堂はその名にふさわしい寺院です

 

最後までお読みいただきありがとうございました

新たな発見ができましたか?
この記事が役立ちそうだと思われたらぜひシェアしてください。

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 京都, 日本
-