【京都洛南】紅葉の穴場的名所「勧修寺」からのおすすめコース

2016/09/21

 
京都での紅葉狩り。
清水寺永観堂などいいお寺がたくさんあるのはいいけど、見頃の時期はどこも激混み。そんな時におすすめするのが山科にある勧修寺。「かんしゅうじ」と読みたくなりますが、正しくは「かじゅうじ」と読みます
 
以前に神光院も人少なで紅葉狩りの穴場だと書きましたが、勧修寺はよりアクセスしやすいところがポイント高いです。今回はそんな穴場的な紅葉スポットである勧修寺とそこから徒歩圏内で行ける随心院と醍醐寺を紹介します。

 

Advertisement

地下鉄「小野駅」から徒歩5分ほどで行ける勧修寺

山科は京都駅からみて南東に位置するエリア。地下鉄東西線ができてアクセスしやすくなりましたが、メジャーなエリア(清水寺周辺や嵐山など)と比較すると地味なイメージです。逆に言うと、たくさんの人が押し寄せないから静かに落ち着いて参拝したい人にはおすすめのエリアです。
 
その山科区に位置する勧修寺は地下鉄東西線の小野駅を下車し、西へ5、6分歩くと到着です。
 
kajuji5
勧修寺は900年に醍醐天皇によって創建された歴史のある寺院です。真言宗山階派(やましなは)の大本山でもあります。個人的にはこの勧修寺で京都にある真言宗の本山寺院(18寺院中の8寺院)の参拝制覇できたのがちょっとした達成感でもありました。
 

*真言宗寺院に興味がある方への豆知識*

京都にある真言宗寺院の本山は、
 
大覚寺(大覚寺派)
仁和寺(御室派)
智積院(智山派)
泉涌寺(泉涌寺派)
東寺(東寺真言宗)
勧修寺(山階派)
随心院(善通寺派)
醍醐寺(醍醐派)
 
の8寺院です。
 
kajuji collage
山門をくぐってすぐにある宸殿のまわりにちょうど見頃の紅葉がちらばっていました。そしてここでの滞在時間約30分超の間、他の参拝客は2名でした。
 
kajuji description
勧修寺の説明は山門横の立て札をご参照していただいて、こちらではちょうどピークだったもみじをご堪能ください。
 
 

勧修寺境内の紅葉あれこれ

kajuji7
 
kajuji6
 
kajuji1
 
kajuji8
 
kajuji4
 
勧修寺は観音堂(トップの写真)の近くにある氷室の池を中心とした庭園でも知られ、蓮の咲く時期も人気です。もちろん桜の時期も隠れたスポットです。
 
kajuji3
その氷室の池のほとりではちょうど太陽のスポットライトを浴びた石仏が静かにたたずんでいらっしゃいました。本当に静かなよいお寺です。
 
 
勧修寺
京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
Tel: 075-571-0048
拝観時間:9:00-16:00
拝観料:400円
アクセス:京都市地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩5分
近くのスポット:随心院、醍醐寺


 
 

梅園や小野小町で有名な随心院

地下鉄「小野」駅から勧修寺とは逆に東へ徒歩約5分にある随心院を参拝したのは2014年の6月でした。写真を見ていただくと木々や花の感じから秋ではないのがわかるかと思います。
 
前述したとおり、随心院は真言宗善通寺派の大本山。991年に弘法大師の8代目の弟子にあたる仁海僧正によって開基された古寺です。
 
また小野小町ゆかりの地としても有名。随心院のサイトをみると、小野小町は秋田県生まれというのが有力な説のようで、そこから「あきたこまち」というお米の名前がつけられたとか。絶世の美女と知られた小野小町は長命だったけど、晩年は不遇だったなど、彼女の生涯についてはっきりしたことはわからないようです。
 
ちなみに随心院では「ミス小野小町」というミスコンも毎年行なわれているみたいですよ。
 
zuishinin1
随心院の本堂。
 
zuishinin4
 
zuishinin2
 
zuishinin3
本堂前の庭などなかなか風情のある静かな寺院なんですが、正直あまり強く印象に残りはしませんでした。でも真言宗寺院めぐりをされるお遍路さんには重要でしょうし、3月の梅の時期や4月の桜の時期は穴場的スポットとして覚えておくといいかも?
 
 
随心院
京都市山科区小野御霊町35
Tel: 075-571-0025
拝観時間:9:00-16:30
拝観料:400円
アクセス:京都市地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩約5分
近くのスポット:勧修寺、醍醐寺
ウェブサイト:http://www.zuishinin.or.jp/index.html


 
 

世界遺産に登録されている桜の名所「醍醐寺」

随心院と同じく2014年の6月に参拝した醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山で874年に創建された古刹です。1994年にユネスコの世界遺産に登録されています。
 
daigoji1
この立派な唐門は醍醐寺境内にある三宝院脇にあるもの。三宝院は豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計した庭園はとても華やかだそうです。時間がなかったというのもあったけど、一番の理由は三宝院庭園は写真撮影禁止だから参拝しませんでした。これ以上写真撮影禁止寺院が増えないためにもみなさんマナーは守りましょうね!
 
【2016-09-21追記】
醍醐寺三宝院は庭園のみ写真撮影が可能になった模様です。写真好きには朗報です。
ちなみに三宝院の庭に桜はないとのこと。
 
daigoji2
下醍醐伽藍へ続く西大門までの通り。左手が三宝院で右手が霊宝館です。
 
daigoji3
伽藍の中で一番目立つ五重塔は国宝でもあります。
 
ちなみに醍醐寺では拝観料がちとお高い、、、。
 
三宝院(600円)、伽藍(600円)、霊宝館(600円)、上醍醐(山道・600円)
 
【2016-09-21追記】
2016年9月より拝観料が変更されました。

3箇所共通券(三宝院・伽藍・霊宝館)が通常期は800円。春期(3/20-5/15)秋期(10/15-12/10)は1500円。
伽藍のみは600円。上醍醐(山道)は600円。

 
daigoji4
とは言え、伽藍の奥にある弁天堂のまわりは素晴らしかったです。
 
daigoji5
弁天堂まわりの池は風情がありました。伽藍全体の雰囲気が高野山にある「壇上伽藍」を思い起こす感じでよい緊張感がありました。醍醐寺へ行かれるのならこの伽藍を一押しします。
 
 
醍醐寺
京都市伏見区醍醐東大路町22
Tel: 075-571-0002
拝観時間:9:00 - 17:00(3月 - 12月第1日曜日)、9:00 - 16:00(12月第1日曜日翌日 - 2月末日)
拝観料:3箇所共通券(三宝院・伽藍・霊宝館)800円<詳しくはサイトでご確認ください>
アクセス:京都市地下鉄東西線「醍醐駅」下車徒歩約13分
近くのスポット:随心院、勧修寺
ウェブサイト:https://www.daigoji.or.jp/index.html


 
 

まとめ

今回ご紹介した3寺院は全て徒歩でまわることもできます。
勧修寺から随心院までが約16分、随心院から醍醐寺までが約20分です。醍醐寺の花見はかなり有名なので、桜の時期は多少混み合うかもしれませんが、勧修寺・随心院あたりなら花見より人見となることはなさそうなのでおすすめです。
 
 

京都の真言宗寺院ならこちらもどうぞ

【京都洛南】京都駅から程近い東福寺と泉涌寺はどちらもよい塔頭があります
【京都洛西】洛西の真言宗寺院の仁和寺・大覚寺・神護寺・高山寺
【京都洛中】京都観光定番の二条城と南隣の真言宗寺院神泉苑
【京都洛北】錦秋の候に訪れた西賀茂の弘法さん「神光院」
【京都洛西】味のある真言宗小寺院 蓮華寺・祇王寺と広沢池ほとりの千手観音
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 京都, 日本
-, ,