【旅情報】楽しい旅にかかせないホテル探しに役立つ5つのサイトを紹介します

2016/08/25

 
突然ですが現在次なる旅の準備中です。
旅の楽しみは3つあるとよく言われますね。その3つとは、

  1. 旅の準備(計画立てたり、航空券やホテルを予約したり)
  2. 旅本番
  3. 旅の後(懐かしんだり、ブログに旅行記書いたり)

 
1.にある準備、これ結構好きです。
まだ見ぬ世界に思いを馳せ、どうやって回ると効率的なのか、などなど考えるのが好きなんです。
 
ちなみに私たちはいつも出来る限り安い航空券・交通手段(レンタカーを含む)・宿泊先を選択するようにしています。といっても安いからと夜行バスを利用したり、バックパッカー的な安宿は選びません。交通手段においては、快適に移動できて、宿に関してはたとえ寝るだけでも清潔で(潔癖性なのでここ大事!)居心地のよいところを探します。なぜか?
 
経済的に全く問題のない人以外は結局こういう選択肢になるのではないでしょうか。20代だったらドミトリーに泊まって宿代をできるだけ節約するのもアリでしょうが、40代夫婦の旅ではそれはしたくない。でも毎日ヒルトンホテルに泊まる余裕はない。というわけで、少し時間はかかりますが、最安値をできるだけ狙ってそれなりのホテルを探す私のやり方を伝授します!
 
 

Advertisement

1. まずはトリップアドバイザーで宿泊予定都市の人気ホテルランキングをチェック

 
TripAdvisor (トリップアドバイザー)

tripadvisor
 
みなさまご存知の旅行口コミサイト「TripAdvisor (トリップアドバイザー) 」。世界中のありとあらゆるスポットやホテル、レストランなどの口コミが掲載されています。
 
まずはこのサイトのホームにある、「旅先の都市名」を入力すると、右側にその都市のホテルや観光スポットなどが選べるようになるので、そこで「○○のホテル」を選択します。宿泊日が決まっている場合はその日にちを入力すると、様々なホテル予約サイトにおける価格が表示されます。ここで最安値を選ぶこともできます。
 
私の場合、まず人気ホテルランキングをざっと見て、納得できる価格のホテルの口コミをいくつか見ます。ロケーションなど良さそうだと感じたホテルは直接予約サイトへ飛んで、予約の条件(すぐ支払わなければいけない、宿泊当日またはチェックアウト時の支払い)などを確認します。
 
自分自身もかなり多用しているサイトなので、私も口コミ書いてます。でも口コミを書くのはANAマイレージが加算される場合のみ。ホテルや観光スポットなどの口コミを書くだけでANA(JALバージョンも有)マイレージが貯められるのはおいしいですよね。微々たるものですが、積もり積もればなのでANAマイル20以上のホテルやスポットで経験ありのところは口コミをするようにしています。
 
 

2. 実際の予約はBooking.comにて行ないます

 
Booking.com
booking.com
世界最大の宿泊予約サイト、「Booking.com」はオランダで生まれたインターネット専門の世界のホテル割引予約システムで既に定番となっているので、ご存知またはご利用されている人も多いと思います。
 
特に海外個人旅行の場合は日本語で検索・予約できるので利便性が高いです。日本国内のホテルは年々数が増えて来てはいるものの、日本の旅行サイトほどはなかったりするので、価格を比較してBooking.comの方が安い場合のみ利用します。
またこちらでも口コミが載っているので多少参考にします。(全て読むと時間がかかり過ぎるのでチラッとだけ。)ちなみにここでの口コミは実際に宿泊した人しか書き込めないシステムになっているようです。
 
スマートセールなど安く泊まれるオファーが多い「Booking.com」ですが、Genius(ジーニアス)会員となると「Ge」のマークがついた部屋がさらに10%オフで宿泊できます。どうしたらジーニアス会員ステータスが得られるのかは、おそらく年に4、5回以上利用し、優良会員と認められた場合のようです。私は知らない間にこのジーニアス会員となっていたので、只今行なっている旅行計画において、何軒かのホテルでこの10%オフを利用できそうです。
 
他にもHotel.comとかagoda、エクスペディアなどホテル予約サイトはありますが、特に日本以外のホテル予約ではこのBooking.com一択です。
 
 

3. 日本国内のホテル予約は楽天トラベルで

 
楽天トラベル
rakuten travel
上記のBooking.comでは日本国内のホテルに関してはまだまだなので、日本旅の場合はこちらの楽天トラベルを利用します。他にもじゃらんなど予約サイトはありますが、楽天サイトでショッピングをすることも時々あって、その楽天ショッピングポイントを宿泊料金からマイナスすることができるので、楽天トラベルでいいホテルが見つかれば利用するというスタンスです。
 
サイトがちょっとごちゃごちゃしている感は否めませんが、そこは【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル 。最近発見したんですが、ペットと泊まれるホテルとか海外旅行などでペットを預けられるホテルを検索することもできるようになってます。ペットホテルをお探しの方はこちら楽天トラベル(ペットホテル) から検索してみてください。
 
 

4. 日本国内定番のビジネスホテル「東横イン」

 
東横イン
Screen Shot 2016-02-18 at 16.50.07
 
日本のビジネスマン御用達のビジネスホテル「東横イン」。日本各地にある格安ビジネスホテルチェーンです。どこの東横インに泊まってもほぼ同じ部屋・サービスを受けられるのである意味安心。世界各国のマクドナルドやスタバに入って「同じ」と感じるあの感覚です。
 
早い時期から全館フリーWifiを導入していたことも利用する理由のひとつです。朝食は無料サービス。東京や大阪の東横インだとパン食のみの朝食という場合も多いですが、大概数種類のおにぎりとおかず、お味噌汁かスープとシンプルながらまずまずの朝ご飯がいただけるのもポイント高いです。
 
楽天トラベルなどから予約できる東横インもありますが、基本は東横インの公式サイトから予約します。
 
そしてここでは会員カードを作ることを強くおすすめします。それは、平日(月-土曜日)は5%オフ、日曜祝日だと20%オフの料金で宿泊できます。また会員は宿泊予定の6ヶ月前から予約が可能(一般客は3ヶ月前)。そして15:00からのアーリーチェックインもできます(通常は16:00から)。
 
クレジット機能なしのインターナショナルカード会員になるには一般で1500円(60歳以上と学生は1000円)。これはカードを作る際に必要なだけで年会費などは無料。有効期限もなし。最初に宿泊するのが日曜日の場合だと、この会員登録費を支払っても元が取れることもあります。
連泊する場合はタオルのみ交換というecoプランを選べ、その場合は300円オフしてもらえます。部屋清掃なしで、使用済みのタオルをドアの外側に置いておくと回収してくれ、袋に入った新しいタオルをドアノブにかけておいてくれます。ゴミがあればゴミ箱も一緒にドアの外に置いておけば、ゴミ回収もしてくれます。
 
多くの東横インは駅近くや利便性の高いロケーションに建っており、夕食を食べにホテルから歩いてすぐ行けることが多いのもいいですね。またロビーにレンジが設置されているところがほとんどなので、近所のコンビニなどでお弁当を買って温め直して食べることもできるので、安く済ませたい人には好都合です。
 
今までたくさんの東横インに宿泊してきましたが、どこもほぼ同じレベルで清潔感もありで安心。(潔癖性である私のお墨付き!)東横インに泊まれば、宿泊費を抑えて夕食を少しいいものをということもできちゃったりします。
 
 

5. 世界中のありとあらゆるホテルを一気に検索できるall The Rooms

 
all The Rooms
all the room
こちらのサイトでは目的地、チェックイン・アウト日、宿泊人数、部屋数を指定して検索するとその目的地全てのホテルが検索できるという優れもの。トリップアドバイザーよりも多くのホテル予約サイトと提携しているようなのでサイト名どおり「all The Rooms(全ての部屋)」が検索できるようになっています。
 
残念なのはこちら英語かスペイン語でしか利用できないこと。でも入力するのは目的地、チェックイン・アウト日、宿泊人数、部屋数だけなので、英語ができなくてもそれほど困ることはないと思われます。
 
ただ都市によってはあまりに多くの選択肢があり、選ぶのに時間がかかりすぎるという難点があるので、私自身もそれほど利用頻度は高くないですが、ご紹介まで。
 
 

まとめ

いかがでしょうか?
私がおすすめするホテル検索・予約サイト5選。紹介したサイトを利用すると、かなりお値打ちなホテルを探せ、旅行費用を抑えることができます。
 
ひとつ、これまで利用したことはなかったのですが、今回の旅計画でチラッと見た「一休.com」。こちらのサイトは高級ホテル・旅館限定の予約サイトだとばかり思い込んでいたのですが、今はビジネスホテル予約もできるようになっていて、それもびっくりするような値段じゃなかったりするんです。
 
今だけ限定の特別価格!ホテル旅館予約【一休.com】タイムセール実施中! というようなタイムセールなどは予約したいと考えている日程に当たれば利用してみたいと思っています。



 
今回の旅情報がみなさまのお役に立てれば幸いです。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

新たな発見ができましたか?
この記事が役立ちそうだと思われたらぜひシェアしてください。
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, サイト・雑誌
-,