【旅の持ち物】旅のお供にしたいアロマオイル ベスト5

2016/11/22

 

年末の旅先は、日本

今年(2015年)の2月に東北琵琶湖周辺を回った時から10ヶ月。また今回も冬の旅ですが、まだ秋の名残があることを期待して!
(しばらく日本の紅葉風景を見てないのでぜひとも見たいんです!)

 

Advertisement

旅の前はなぜか緊張

 
私は年に一度は日本へ一時帰国したり、ヨーロッパ旅行を時折していることから、旅慣れていると思われているようですが、実はそうでもなく、旅の前は楽しみ半分、ほんの少し緊張していたりもするんです。忘れ物をしないように、という不安だったり、荷物をまとめていてもこれだけで足りるかな?と心配になったり。でも最後には「日本で買えばいいじゃん!」となるのですが。
 
旅慣れているからかどうかはわかりませんが、私が旅行に出かける前の準備を開始するのはいつも出発の前日。単に大きなスーツケースを広げておくスペースがないから、とも言えますが、旅に持って行くものは結局普段自分が使っているものなので、直前じゃないとまとめられないのです。
 
持ち物は個人個人違ってくるかと思いますが、私の場合、荷物になっても持って行きたいもののひとつにアロマオイルがあります。それもひとつや二つやじゃなく5本以上!旅行に行く時期やその時々の気分によって変わりますが、必ず携帯するオイルのベスト5を発表します。
 

旅のお供のベスト5アロマオイル

 

1.ラベンダー

ラベンダー【学名:Lavandula angustifolia】
一家に1本と言われるぐらい様々な状況で使える一番知られている精油です。
リラックス効果はもちろん、怪我ややけど、にきびなどにも直接塗布することができます。(敏感肌の方は希釈してご使用ください。)
 

2.レモン

レモン【学名:Citrus limon】
フルーツのレモンと同じくさっぱりした香りで柑橘系のオイルの代表的存在な精油。
車酔いなど気分が悪い時に嗅ぐとすっきりしたり、風邪が流行りやすい冬の時期には免疫力をアップさせてくれます。
 

3.ペパーミント

ペパーミント【学名:Mentha piperita】
頭痛持ちの私はこのオイルが必須。頭痛に効くと言われる精油は他にもいくつかありますが、私にはペパーミントが一番効きます。また風邪をひいた時や気分が優れない時、消化器系の問題にも活用できます。
 

4.フランキンセンス

フランキンセンス【学名:Boswellia carteri】
美人をつくるオイルと言われる肌の再生に抜群の威力を発揮する精油。他には呼吸器系の問題によく効きます。フランキンセンスの香りを嗅ぎながらゆっくり呼吸したり、瞑想したりすると旅行中の疲れが吹き飛びます。
 

5.ローズウッド

ローズウッド【学名:Aniba rosaeodoea】
気分を持ち上げてくれ、身体のバランスを整えてくれる精油ですが、何より香りが素晴らしい。私のいちばんお気に入りの香りと言ってもいいぐらい。またお肌にもよいオイルなので美容にもおすすめです。私が作るブレンドオイルやクリームにはこのローズウッドが必ず入ります。
 
 

おしまいに

この5本のオイルがあれば、ひとまず安心。精油に関してはこちらヨーロッパで購入した方が安いので、日本で買っちゃえ、とはならないから破損しないように気をつけながら持参したいと思います。ちなみにこちら液体なので、手荷物ではなく預け入れの荷物に入れてくださいね。
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 旅グッズ・旅のコツ
-,