【ドイツ】初の犬連れ旅 箱入り娘がとうとう旅に出ました

2016/08/25

 
うちの愛犬が旅に出ました!
 
旅先はスイスとドイツ、オーストリアにまたがるコンスタンス湖(ボーデン湖)です。最終日は少し雨が降ったけど、それ以外は晴天で暑すぎず過ごしやすい天候でした。

 
コンスタンス湖はボーデン湖(Bodensee)とウンター湖(Untersee)からなるアルプス地方ではレマン湖に次ぐ大きさの湖。地理の授業で聞き覚えのあるライン川が流れ込んでいる湖でもあります。  
 
最初の写真はドイツ側にあるコンスタンツ(Konstanz)からカーフェリーで対岸に渡る時に見えた風景で、見にくいかもしれませんがブドウ園が広がっています。ボーデン湖畔をほぼ一周しましたが、あちこちでブドウ園やリンゴの木を目にしました。ワイン生産が盛んな地域のようで、ワイナリーらしき建物も多く見かけました。  
 
旅の詳細はまた別の投稿にてお話しますが、今回は道中の愛犬かなちゃんの外国旅行のお話です。
 
 

Advertisement

初めは落ち着かなかったかなちゃん


よだれがみえますが。
 
こんなこともあろうかとドライバーシートにはバスタオルをかけておいて大正解。
 
最初のうちは車の中でも落ち着かず、息づかいも荒く、不安いっぱいの顔をしてました。ついでに道中で事故渋滞、工事渋滞などもあり、本来なら5時間もかからない道のりを7時間かけてホテルを予約していたコンスタンツに到着したものだから一同ぐったり。初の外国旅行はかなちゃんにとって困難なスタートとなってしまいました。
 

ホテルの部屋にて。まだ到着したばかりで落ち着かないかなちゃん。
 
最初の夜はバスケットに入らず床の上を歩き回るもんだから、かなちゃんの足の爪があたる音で私たちもなかなか寝付けず。翌朝も結構早い時間からそわそわ歩き回るもんだから、シャワーも浴びずに散歩に出かけました。でも決して車の中や部屋の中ではおしっこもうんちもしないので、それはとても助かります。
 

ここはどこだろ??ランチ利用したレストランにて。
 
今まで車で連れて行くところといえば、獣医さんかドッグホテルぐらいでジュネーブにすら行ったことがないかなちゃん。なのであんなに多くの人や犬をみたりしたこともないし、行くとこ行くとこ知らないところばかり。
 
箱入り娘状態だったのでいろいろ圧倒されちゃってました。カフェなどでもなかなか座らず、私たちが食事など済ませて、さあ出ようか、というぐらいに慣れてくるといった感じ。可愛い子には旅をさせないとダメですね。
 
 

徐々に見知らぬ土地にも慣れてきたかなちゃん


 
少しこなれてきた頃かな?
 
今回の旅先ではどこもドッグフレンドリーで、その点はありがたかったです。訪れたカフェなどでかなちゃん用に水を出してくれるところもいくつか。そのうちのひとつは犬用スナックまでサービスしてくれて、それはかなちゃんも大喜びで早速ほおばってました。上の写真はそのスナックをもらえたカフェにて。
 

公園は歩きやすいから落ち着くワン♪
 

ここもあんまり人がいなかったから快適♪
 
怖がりな犬なので、子供が触りたがっても噛み付くどころか逃げて行く始末だったけど、吠えたりなどは一切しないし、前述したとおり粗相が全くないのでそれはとても楽でした。
 
ただ水が嫌いなのは知ってたけど、水辺の上にかかる橋で板の間から下の水が見えるようなところは怖がって大の字になり動こうとしませんでした。滝のような轟々と音がするところもダメ。おかげで私が見過ごしたところがいくつかあり・・・。
 
それでも全体を通してはいい子で、多くの人がかなちゃんを見てはニコニコしてたのを見れた私もハッピーでした。そしてやっぱり何度も「キツネ」と言われました。
 
ちなみにドイツ語でキツネは「fucks」。でも発音が英語の「fox」ととても似ているので「キツネ」と言われたんだと分かりました。柴犬は西洋人にとってはどうしてもキツネに見えちゃうんですね。
 
 

犬連れOKだったボーデン湖畔のおすすめホテル

今回利用したホテルは犬連れもOKどころか犬ウェルカムな「Ko'ono Hotel and Restaurant」。
なぜかハワイアンスタイルで併設レストランもハワイアンメニュー。料理は期待してませんでしたが、美味しかったです。そして部屋も広々、清潔で快適でした。犬のチャージは一晩5ユーロとリーズナブル。
 
犬連れでもそうでなくてもおすすめのホテルです。
 
Ko'ono Hotel and Restaurant: http://www.koono.de/en/ 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, ドイツ, ホテル, ヨーロッパ
-,