【京都洛北】雨の京都大原三千院

2016/02/17

琵琶湖一周の旅を終え、延暦寺や近江牛を堪能した次の日。この日は日本を見まわることができる最終日。前日に引き続き、私の両親とともに京都の大原へと車で移動しました。 大原は京都市内だけどかなり北に位置するので、京都市内を通るよりも大津から少し北へ向かい山越えをして大原の北側から行く方がスムーズに行けるはず。皆さんご存知のアクセス方法でしょうが、念のため。 さて私にとっては随分久しぶりの大原参拝。実は2年前にも三千院には参拝しようとして入口まで行ったのですが、いろいろあって退散しまして。でも夫はそれが心残りだったようで、ある意味再訪です。
 

受付を済ませ、客殿に至る手前に坪庭があり、その作りが素晴らしい!(上の写真)こういう空間づくりを日本の町中いたるところに作るとより日本らしさをアピールできるのにと思います。(維持が大変だろうけどね)

 

客殿から眺める聚碧園。
この日は雨でしたが、うっすらと雪が残っていました。

 

 

水回りの緑の使い方が素敵です。

 

客殿ではお茶がいただけるとのことで、お抹茶をいただきました。添え菓子は羊羹。ごく普通でした。

三千院でググると一番多く出てくるのがこの苔の間からひょっこり顔を出したお地蔵さんたちのイメージ。客殿などを参拝後しばらくするとこの可愛らしい「わらべ地蔵」さんたちが顔を見せてくれます。

 

もっと先には苔の帽子をかぶったようなお地蔵さんも。

 

参拝後に御殿門を出ると、大原女さんの写真撮影会?が行なわれていたので、私もパチリ。雨の中ご苦労様です。 三千院はあじさいの時期や紅葉時期がやっぱりいいのかな?冬ならもっと雪がある方がよりいいかと思います。    
 
 
大原三千院http://www.sanzenin.or.jp    
 
この後他の寺院めぐりもしましたが、それはまた次回にお話します。

 

ランチする場所など全く調べていなかったので、三千院門前のお店でおそばと、

 

 

みたらしもきっちりいただきました。
有名店ほどではないにしろ、ほっとする味でした。
 
 
 

 

【オススメ】たくさんのお地蔵さんがいる穴場のお寺

三千院より少し手前に小さな寺院がありまして、
 

 

大原念仏寺と門に書かれているとおり、どのお地蔵さんも赤いマントを羽織った安らかなお顔をした地蔵尊像が数多く並んでいます。とても小さな境内ですが、通り過ぎちゃうのはもったいないです。ぜひご参拝してみてください。境内参拝無料です。

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 京都, 日本
-