【旅情報】ヘルシンキからタリンの移動にはTallinkフェリーがおすすめ!

2016/11/26

 
こちらの記事は旧ブログ内でダントツ一番人気の記事でした。ヘルシンキ・タリン間移動の方法をわかりやすく説明しています。

 
 

Advertisement

ヘルシンキータリン間移動でおすすめなフェリー会社は


ヘルシンキからエストニアのタリンへ行くフェリーは数社が運航してますが、冬の時期でも便数の多い「タリンクシリヤライン(Tallink Silja Line)」を選択しました。ヘルシンキから2時間でタリンに到着するし、ちょうど午後2時過ぎ出発のフェリーがあったことが決め手でした。
 
タリンクはヘルシンキの西ターミナルから出航していて、中央駅からだと9番のトラムで20分弱で到着します。
 
ちなみに、中央駅の乗り場名は、「Rautatieasema」で、西ターミナルの降り場(終点)の名前は、「Lansiterminaali」です。
 
ヘルシンキのバスやトラムの時刻表などはこちらから(→)確認できます。これ、結構使いやすくお世話になりました。
 
  

ヘルシンキ西フェリーターミナルの様子


急いで西ターミナルに行かなくても十分時間はあったけど、私たち、フェリーのチケットを予約すらしていなかったので、レンタカーを返却してすぐトラムに飛び乗りました。上の写真はフェリーの改札ゲート。この右側、後ろ側にチケットカウンターがずらっと並んでいます。(他社のカウンターも有) タリンクのカウンターで無事にチケットは購入できました。
 
早く着いたおかげで並ぶこともなく、当日券でも同じ金額でした。フェリーチケットの価格は日にち・時間帯・クラスで変わってくるので、詳しくはタリンクのサイトで確認してください。    
 
Tallink Silja Line
http://www.tallinksilja.com/en/web/int/book-a-cruise
 
 

タリンクフェリーにいざ乗船


かなりの待ち時間の後(ターミナル内には当然のようにwifiがあるので、それほど退屈はしなかったです)、フェリー内へ。
最初だけ外に出て、最後のヘルシンキを眺めました。船にはエストニアの国旗が。真ん中が黒だからかほんのり陰気な雰囲気漂います。
 

私たちが乗船したのは、「Star」という名のフェリー。7~9階がレストランやスーパーなどがあるフロア。下の階は駐車場かと思われます。(別料金だけど、車と一緒に乗れます。)
コンフォート・ビジネスクラスは別料金を支払った乗客のみで、通常のスタークラスはレストラン内の席など好きなところに座れます。 
ちなみにホテルの一室のようなキャビンもありますが、2時間だけのフェリー旅なので、余程のことがない限り、キャビンを利用する必要はないかと思います。 私たちのように大荷物を抱えた乗客用にクロークもあります。(2ユーロほどかかります。)
 

フェリー内はレストラン・お店などいろいろあります。左上から時計回りに、パブ、軽食レストラン、タリンクレセプション、スーパー、です。  
 
レセプションのお姉さんたちは当たり前のように皆さん英語が話せるので、到着後の移動方法を聞きました。
 
「旧市街には歩いてでも行けるわよ。」、と言われたけど、ホテルの名前と荷物が多い旨を伝えて、バス乗り場などを聞こうとしたら、「タクシーに乗った方がいい。」と。
同じグループ会社であろう「"Tallink"の名前が書かれたタクシーを探して、10ユーロ以下で行けると言われたら大丈夫。でも10ユーロ以上を提示されたら、そのタクシーには乗らない方がいい。」
 

タリンの港で見かけたタリンクの別の船。 午後4時過ぎでこの暗さ。
 

別の日に見かけた私たちが乗ったタリンクのフェリー"Star"。
 
 

無事にタリン港に到着


タリンクはタリン港のDターミナルに到着します。午後4時半近くで外はもう真っ暗。
 
お姉さんに言われたとおり、タリンクマークのあるタクシーを探し、運転手さんにホテル名を告げ、いくらで行けるか聞いたら、8ユーロぐらい、とのこと。10ユーロ以下のご提示だったので、素直に乗車しました。
ちなみにエストニアの通貨はユーロなので、両替の必要がなく便利。
 
フェリー内でもらったタリンの地図を見て、ホテルの位置確認をしていたので、タクシーの運ちゃんが遠回りなどせず、正しい道を走ってるのはわかりました。
(昔イタリアでタクシーで2度ほどイヤな目に合っているので、初めての国ではかなり慎重になるのです・・・。)
 
タリンクマークのタクシーにはメーターもついていたので、それも安心材料のひとつでした。ホテルには10分ちょっとで到着。値段は8ユーロちょっとだったけど、荷物代のチップも含めて、10ユーロ払いおつりは取っておいて(大したチップでもないけど、)、と告げました。はにかんでたタクシー運ちゃんがちょっとキュートだった。
 
タクシー代金はクレジットカードでは払えなさそうな雰囲気(確認したわけじゃないので、要確認ください。)だったので、念のためタリン港のDターミナルビルにあるATMで現金を引き出しておいてよかったです。
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, エストニア, フィンランド, ヨーロッパ
-, ,