【兵庫】神戸と淡路島で食べられる美味しいもの

2016/09/05

 
神戸と聞くと、異国情緒あふれるおしゃれな町というイメージを持っている人、私だけじゃないと思います。美味しいレストランやシャレたカフェも多い気がしますよね。
 
そんな神戸と淡路島でいただいた美味しいものを神戸に全く土地勘のないhisayoがお届けします。

 

Advertisement

どうにも思い出せない神戸ビーフのレストラン

この日は和歌山から電車移動して神戸入り。三宮駅そばでレンタカーを予約していたので、レンタカーオフィスへ。親切なレンタカーオフィス(ちなみにオリックス)の方のご厚意に甘えて大荷物を預け、近くのレストランへランチに行きました。
 
kobe beef
ランチで夫がいただいた神戸牛のステーキと私注文のハンバーグ。あまり選択肢のないレストランでしたが、まずまずのお味。
 
kobe hunburg
ビーフ好きな夫に「神戸牛は有名なんだよ」と話してたら「コービーフ "Ko-Beef"」と名付けるほど気になっていたようで、柔らかいコービーフステーキにご満悦の様子でした。
 
レストラン情報を載せたいところですが、名前も場所もどうにも思い出せず。磯上公園前にあるオリックス三宮駅前店そばだったことは確かなので、興味がある方は探してみてください。
 
 

神戸らしいイメージのカフェ「ファクトリーシン」

ランチ後、シャレた神戸っぽいイメージのお店に入ってみました。そこは「ファクトリーシン」という有名なスイーツのお店でした。
 
factory shin1
 
factory shin2
店内のテーブル席。やっぱりシャレてます。「シン」のSの字をかたどったのかな?
 
factory shin4
 
factory shin3
ショーケースにはたくさんの魅力的なお菓子が並んでいました。ディスプレイも素敵で、夏らしいゼリー系のお菓子はまるでアクセサリーが並んでいるようでした。
 
factory shin5
甘いもの好きな夫が注文したもの。
マカロンとレアチーズケーキ。
 
factory shin6
私はランチでお腹が膨れていたのでシュークリームのみ。
画像から伝わるかと思いますが、美味しかったー!
 
ファクトリーシンは通常、イオンなどのショッピングセンターに入っていて持ち帰り専門のお菓子屋さんのようですが、こちらはイートインもできるようになってます。三宮駅近くです。
 
 
ファクトリーシン 三宮本店
神戸市中央区小野柄通6-1-9
Tel: 078-272-6111
営業時間:10:00 - 20:00
http://www.factory-shin.co.jp


 
 

明石海峡大橋を見るなら舞子公園へ

akashi bridge2
神戸の後は淡路島へ行くことにしていたので、島へ渡る前に明石海峡大橋を眺めることにしました。それには明石海峡大橋のたもとにある「舞子公園」がおすすめです。
 
橋の下を歩いてくぐれるし、明石海峡大橋の展望台にも登れます。「海上47mの遊歩道」と名付けられた遊歩道は、陸地から約150m、明石海峡へ突出した延長約317mの回遊式遊歩道となっていて、眺めもバツグン。時間がなかったので登りませんでしたが面白そう。
 
 
舞子公園
神戸市垂水区東舞子町2050
Tel: 078-785-5090
営業時間:9:00 - 18:00
海上プロムナード入場料:250円(平日)310円(土日祝日)
アクセス:JR舞子駅下車徒歩約5分
http://www.hyogo-park.or.jp/maiko/contents/sisetsu/area_prom.html


 
 

神戸観光に役立つサイト

神戸公式観光サイトhttp://www.feel-kobe.jp
 
 

淡路島の珍しいスポット

淡路島ではあまり時間がなく、ほぼ通り過ぎただけのようになってしまいましたが、ちょっと珍しいスポットに行きました。
 
eshima1
ここは淡路島へ渡ってすぐにある絵島という小さな島。なんとココ、日本最初の国土と伝承されている島なんだそう。
 
イザナギ・イザナミの二神が、国づくりの最初に生まれた国が「オノコロ島」であり、淡路島を指すとされているが、この絵島であるという説もあるとのこと。島というより奇岩という感じですが、なかなか味のある形といい何かパワーがありそうな気もします。
 
eshima2
この絵島近くの岩盤には変わった模様ができていて、しばし撮影タイムでした。
 


 
 
もうひとつのスポットは淡路島の北西にある「石田の棚田」です。
ishida rice terrace2
 
ishida rice terrace1
淡路SAの観光案内所で、「淡路高校」の信号で右折(神戸方面に向かう場合)する、というのは聞いていたんですが、どうにも見つけられず。
 
ふらふら回っていたら横を通った地元の農家のおじさんが、
「石田の棚田見に来たんかい?このまま真っ直ぐ行ったとこだよ。こんな暑いのによう来たもんやな~。」
と呆れられましたが、おじさんのおかげでたどり着けました。
 
この日はホントに暑くて(6月時)写真を撮る気力はあまりなかったんですが、海を見渡す棚田は見事でした。田植えも終了していてよかった。水が張っていた方が見栄えがいいですもんね。見頃は6月中旬と9月中旬。場所は淡路SAにある観光案内所で聞いた方がいいです。
 
石田の棚田住所:兵庫県淡路市石田
 
 

回らない寿司屋で職人技の寿司をいただく

sushi shingetsu1
 
sushi shingetsu2
 
淡路島では洲本市で1泊したので、海の幸をいただきにレストランを探してみました。
 
この時、夫初の寿司屋体験!私もとても久しぶりでちょっと緊張気味。夫(=外国人)なら許されるかな、と思って許可をとって少し写真を撮らせてもらいました。カウンター席で目の前でお寿司を握る大将の様子を夫はよく観察して驚いてました。
すし職人の手さばきはやっぱり見事。海に囲まれている淡路島のお寿司はネタも新鮮でとても美味しかったです。
 
 
寿司 新月
兵庫県洲本市本町5-2-30
営業時間:17:00 - 翌0:30(木曜休み)


 
 

淡路島観光に役立つサイト

淡路島観光ガイド・あわじナビhttps://www.awajishima-kanko.jp/index.html
 
 

神戸もいいけど大阪もいかがですか?

【大阪府】実際に行くとよくわかるパワー溢れる大都市 大阪
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Cafe, Restaurant, Travel, 日本, 日本, 日本, 関西
-, ,