【スイス】この世の楽園と称されるセレブなスキーリゾート「グシュタード」

2017/05/06

スイスの首都があるベルンがあるベルン州に位置するグシュタード。
スキーリゾートとして知られるこの町は「この世の楽園」と称されるものの、町の性格からいってちょっと一般人には縁遠い感じですが、もちろん誰でも訪れることはできます。

 

Advertisement

グシュタードの街並み

gstaad1
スイスドイツ語圏内にある高級スキーリゾート「グシュタード"Gstaad"」。テニス好きなので、この町でテニストーナメントが毎年行なわれているので聞いたことがあったけど、世界的スターや富豪など世界中のセレブが訪れるところだとは知りませんでした(マドンナもよく来るらしい)。
 
町のメインストリートを歩くと、華やかで高級な香りがあちこちから漂ってくるのですぐ感じ取れます。
 
gstaad2
ところどころ道に雪があるのはわざと残しているんだそう。冬のリゾート気分を味わうため、ということみたいです。
 
gstaad4
リゾート地で必ずといっていいほど見かける馬車はここグシュタードでも。
 
gstaad3
 
gstaad6
スイスの山小屋(シャレー)風のルイ・ヴィトンをはじめ、エルメス、プラダなどなどブランド店が立ち並んでいます。
 
gstaad collage 
素朴な感じの店先も多少見かけることもあります。
 
 

この世の楽園事情

gstaad5
町はずれの駐車場に車を停めて、初めて目にしたグシュタードの風景は上の感じだったんで落ち着いた感じのとこなのかな?と思ってたけど、よく見たらお城みたいなホテルみたいな建物も見えますね。
 
「こんなところまで来て、ブランドもの買いたい人いっぱいいるのかな?」夫(写真家)に聞いてみると、
 
「いわゆるセレブの人たちはスキーを楽しむというより、ここで冬の社交を楽しむから夜のパーティードレスなどなど必要なんじゃない?」とのこと。 
なるほど。
 
まあそれだけじゃないかもしれないけど、ジュネーブのブランドショップがそのまま移動してきたような街並みはちょっと異様な雰囲気に感じました。
 
 
グシュタードを後にした車内で夫がおもしろいことを言いました。彼は以前勤めてた会社でセレブを含めた超大金持ちの顧客を相手にしてきたのでそちらの世界をいろいろ垣間見てきてます。
 
「お金持ちの人たちって経済的に恵まれてて、一見幸せそうに見えるけど、僕たちが持つような悩みを抱えてるもんなんだよ。ただお金の額が違うだけだったり、見えの張り合いレベルが庶民とは違うという、それだけなんだよ。どれだけお金があっても、もっともっと、ってキリがないだけ。」
 
うーーん、ごもっとも!
 
でも一度でいいからそんな悩みを持ってみたいと思っているうちは一般ピーポーでしょうか?ww
 
この世の楽園は「こちらの記事」にあるように、様々な問題も抱えているようですが、興味本位で覗き見してみることは誰にでもできます。ふさわしくない服装で行っちゃったものだから、ビビってお茶もしませんでしたが、面白い体験でした。
 
 
【グシュタード(Gstaad)旅行情報はこちらから】
日本語情報:http://www.myswitzerland.com/ja/swissopen.html
英語・仏語・独語情報(こちらの方が充実してます):http://www.gstaad.ch/en.html
 
 

スイスのスキーリゾートならこちらもいかがですか

【スイス】ツェルマットでマッターホルンをあちこちから堪能しました
 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, スイス
-,