【京都洛中】東本願寺と西本願寺は対ではない?!

2017/01/10

 
2011年10月の一時帰国は名古屋ではなく関空発着にしました。航空券の選択肢も多いし、それに名古屋着より少しだけ安いのです。
(こうして名古屋発着の選択肢を減少させてしまう原因を作ってしまうのは残念なのですが。)

無事に関空に到着後は、特急はるかにて一路京都へ。
私たちを出迎えてくれたかのような晴天の朝、京都に到着。駅前のホテルを予約していたので、荷物だけ預けて早速行動開始しました。でも到着日は時差ぼけなどもあり疲れていたので、京都駅周辺のみを周る計画にし、駅前の東本願寺と西本願寺へ。
 

Advertisement

真宗大谷派本山の東本願寺

higashi honganji1
京都三大門のひとつである御影堂門。(後の2つは南禅寺の三門、知恩院の三門。この御影堂門ではなく、仁和寺の仁王門とする場合もあるそうです。)京都駅から烏丸通りを歩いてまず目に入る大きな門です。
 
higashi honganji3
 
higashi honganji2
こちらは夏に訪れた際に見かけた蓮の花。東本願寺の壁の外にある隠れた蓮のスポットです。
 
正式名称を「真宗本廟」といいますが、「東本願寺」または親しみを込めて「お東さん」と呼ぶ方が一般的かと思います。私は実家が浄土真宗なため、子供の頃から何度かこちらへは来たことがありますが、ただただ大きいなという印象しかありませんでした。今でも同じ感想で全く成長が見られません…。
 
真宗大谷派東本願寺http://www.higashihonganji.or.jp


 

浄土真宗本願寺派本山の本願寺

これまで東本願寺と西本願寺は対のようなものかと思っていたけど、どうも違うようで、通称「西本願寺」は同じ浄土真宗でも本願寺派の本山で正式名称を「龍谷山 本願寺」というそうです。こちらも「お西さん」と京都市民には呼ばれていたりもするようです。  
 
ひとつ不思議なことが、こちらの西本願寺のみ世界遺産(「古都京都の文化財」のひとつ)として登録されています。
 
nishi honganji1
阿弥陀堂前の灯籠。
 
nishi honganji4
10月でまだ暑いぐらいだったから、銀杏の木はまだまだ青かったです。
 
nishi honganji3
渡り廊下の金灯籠。
 
東本願寺と西本願寺、どちらも拝観料は無料。ひたすら大きな境内は京都駅前という立地を考えると贅沢な土地利用だと感じます。西本願寺には境内西側に百華園という庭園があるようです。(この庭園知りませんでした。またの機会にぜひ!)
 
浄土真宗本願寺派本願寺(西本願寺)http://www.hongwanji.or.jp


 
また東本願寺には飛地庭園の「渉成園(しょうせいえん)」(参加協力寄付金500円以上要)があり、京都駅からも歩いてすぐ行ける隠れ人気スポットのようです。私たちはいつもタイミングが悪くまだ行ったことがないのでぜひ行ってみたい庭園のひとつです
 
渉成園参観案内http://www.higashihonganji.or.jp/worship/shoseien/

 

コメントはこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!(Like!)

-Travel, 京都, 日本
-,